色彩商標、1.6%の狭き門 チキンラーメンの袋の色使いが色彩のみの商標として登録

日清食品ホールディングスは4月4日、3月25日付で、即席めん「チキンラーメン」のパッケージなどに用いてきたセピア色、白色、オレンジ色からなる配色が「色彩商標」として登録されたと発表したことを、宣伝会議のマーケティングメディアAdverTimesは22年4月7日伝えている。

この配色で、自他の商品が識別できると認められた格好。4月4日の登録公報掲載で、2カ月間は異議申し立て期間となる。

商標として登録されたのは、セピア色(C20、M90、Y100、K50)、白色(CMYKいずれも0)、オレンジ色(C0、M55、Y100、K0)の組み合わせで、商標としての配色割合は上からセピア色約14%、中間部の白色とオレンジ色の組み合わせが約73%、下部のオレンジ色が約13%。中間部の白色とオレンジ色はそれぞれ商標の約2.3%で交互の配置、という色彩。カッコ内はプロセスカラーの組み合わせ。

出願は2018年7月で、足掛け4年の登録となった。その間、2回ほど登録拒絶となっており、商標の要件を満たすよう補正や資料提出などを行ってきた。

「色彩商標」は2014年の商標法改正で認められるようになった、いわゆる新しいタイプの商標。輪郭がなく、ひとつまたは複数の色彩のみからなる点が特徴だ。

「特許情報プラットフォーム」で2015年4月1日〜2022年4月4日までに出願されたものを集計。存続・登録は、同日時点で異議申立て期間中にある日清食品HDを含む。出願中は拒絶査定不服審判中、審査中、審査待ちのもの。取り下げは放棄を含む

2015年〜2022年にかけて出願された件数は562件に上る。22年4月時点で登録に至ったのは9件で、割合では1.6%。却下ならびに無効、または取り下げとなった出願は517件で9割を超える。

登録しているのは、日清食品HDのほかにトンボ鉛筆(2件)や、セブン-イレブン・ジャパン、三井住友フィナンシャルグループ(2件)、ファミリーマート、UCC上島珈琲。

出店:特許情報プラットフォーム検索結果

商標には、自社と他社の商品やサービスを識別できることが求められるが、色彩だけで提供している事業者や、そのほかの商品・サービスを認識、判別できるケースはあまり多くない。日清食品HDも、登録に至るまでに、色彩からブランドを想起するか、といった消費者調査などを資料として提出していた。

特許庁の特許情報プラットフォームで登録6534071号の「経過情報」をクリックして、「意見書」をクリックすると、日清食品側が提出した資料の一部を見ることができる。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.advertimes.com/20220407/article381089/
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20220404-00289923

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読