iPhoneのTrueDepthカメラを画面下に埋め込みノッチを無くす特許を取得

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年4月5日、Appleが申請していた画面下にTrueDepthカメラシステムを配置する特許を付与したことを、iPhone Maniaが22年4月6日伝えている。

TrueDepthカメラシステムを画面下に配置

Appleが今回取得した特許は、TrueDepthカメラシステムを画面下に配置することでノッチを無くすことを可能にするもの。

下記図表2には、ノッチ(220)のあるディスプレイが描かれており、TrueDepthカメラシステム(221および222)が配置されている。対して、下記図表3ではフロントカメラ部(320)はディスプレイ(310)の下に配置されており、TrueDepthカメラシステム(321および322)は直接見えない。TrueDepthカメラシステム(321および322)の埋め込まれたフロントカメラ部(320)に取り込まれた画像には、2つのフィルターが適用され、ディスプレイ(310)によって引き起こされる画像の歪みを補正する。

下記図表4には、TrueDepthカメラシステムの配置が記されており、カメラ(420)は必ずしもディスプレイパネル(410)に接する必要はないこと、配置部位はディスプレイ表面(417)よりも裏面(418)に近いと特許では説明されている。

ディスプレイに微細な穴を開けて光を透過

下記図表12には、ディスプレイ(1210)に起因する画像の歪みを補正するための2つのフィルターである光学フィルター(1221)とバンドパスフィルター(1222)、レンズ(1223)とカメラ(イメージセンサー:1230)が描かれており、プロセッサ(1240)にて歪み処理を行う。

フロントカメラ部(1200)が埋め込まれた部分のディスプレイ(1210)には、微細な穴(1215)が開けられ、光が透過するように加工されるようだ。これは、レーザーで微細な穴を開けて光を透過させている、Galaxy Z Fold3の画面下埋込み型カメラと同じ仕組みと思われる。ただし、Appleは画面下埋込み型カメラ実現のためにこの方式を採用することはないと韓国メディアが報じていた。

全画面表示が実現するのは早くても2025年と噂

AppleはFace ID機構をディスプレイ下に埋め込む特許を取得しており、2024年モデルのiPhone(仮称:iPhone16)で実現すると噂されている。

しかしながら、TrueDepthカメラシステムを含めて全てをディスプレイ下に埋め込み、全画面表示が実現するのは早くても2025年モデルのiPhone(仮称:iPhone17)まで待つ必要があると、DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤングが予想していた。


【オリジナル記事・引用元・参照】
ttps://iphone-mania.jp/news-448720/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読