Off-White™️が約4年にわたる交渉の末にレッドジップタイの商標を取得

〈Off-White™️(オフホワイト)〉が、米国特許商標庁との約4年にわたる交渉の末、同ブランドのスニーカーやバッグなどのアクセサリーに付属しているレッドジップタイの商標権を正式に取得したことが明らかになったとHYPEBEASTが22年4月4日伝えている。

〈Off-White™️〉はこれまでにも、引用符が付いた“PRODUCT BAG”や同じく引用符付きの“FOR WALKING”の商標出願を試みてきたが、どちらも米国特許商標庁に却下されている。

レッドジップタイは〈Off-White™️〉の商品に2016年から使用され始め、今やブランドのアイデンティティーを象徴する要素として一般的に認知されている。同ブランドは2016年7月にレッドジップタイの商標出願を申請したものの、審査官はこのパーツを実用品と分類し、「機能的なものは商標として登録できない」として却下された。

その後同ブランドは幾度となく出願を試みたが、レッドジップタイを商標としての機能を裏付ける証拠が不十分だとして受け入れられなかった。〈Off-White™️〉は、このジップタイは「(その)製品にとって絶対に必要でも不可欠なものでもない」ため、厳密には機能的ではないと主張。

また、2020年末には以下のような声明を発表している。「審査弁護士は、他のファッションブランドがこのような方法で赤いジップタイを使用している、または使用したことがあるという証拠を提出していない。申請者のマークの登録を許可することは、競合他社のファッションブランドが申請者の評判を利用して商売や取引を行うのを防ぐことを除けば、彼らに不利益をもたらすことはないでしょう」。

そして〈Off-White™️〉のレッドジップタイに関する最新の商標出願が、3月29日(現地時間)にようやく審査を通過することに。今回の申請書にはレッドジップタイの具体的な形状とその位置づけが明確に示されており、「この商標は、ほぼ長方形の形状のジップタイで構成され、全て赤色になっている。

シューズの輪郭は商標の一部として主張されていません」と記載されている。なお、レッドジップタイの商標は〈Off-White™️〉の模倣品に対する法的措置を行うためのデータリストに追加されるとのこと。

Off-White™(オフホワイト)はJ/ファッションデザイナーのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が2012年にスタートさせた。

以前Virgilが試験的に展開していたアートプロジェクト、PYREX VISION(パイレックス・ヴィジョン)の流れをくむファッションレーベル。現在はパッチワークを施したアイテムやグラフィックTシャツをメインにリリース。その全てには、”WHITE”の文字と共にトレードマークのストライプがフィーチャーされている。

世界中の有力アカウントで取り扱いがあるほか、2014年12月にはOff-White™初となるフラッグシップストアが香港にオープン(その後、東京にもオープン)。2年という短期間のうちに、ストリートウェアの世界で目を見張るほどの急成長を遂げたOff-White™だが、2014年にはAbloh自身もLVMHの”Young Designer Award”を受賞。現在、同ブランドのアイテムはイタリア・ミランで作られており、確かな生産プロセスによる高品質なアパレルを提供している。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://hypebeast.com/jp/2022/4/off-white-wins-trademark-registration-patent-red-zip-tie-news

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し