次世代Apple Watchが搭載と噂のマイクロLEDに光学センサー統合する特許出願

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年3月3日、Appleが出願していた、マイクロLEDディスプレイに光学センサーを統合する特許を公開したことを、22年3月5日iPhone Maniaが伝えている。(出願番号は63073885)

マイクロLEDディスプレイに各種センサーを統合
Appleが出願した特許には、マイクロLEDディスプレイに、環境光センサー、指紋認証センサー、静脈認証センサーなどを統合する方法と目的が記されている。
マイクロLEDディスプレイは、自発光式ディスプレイであるためバックライトが不要で薄型化に適している他、有機ELディスプレイで懸念される焼き付きの懸念が解消されると期待されている。

LED関連情報専門メディアLEDinsideは、マイクロLEDディスプレイが最初に搭載されるApple製品はApple Watchと予想、その登場時期についてAppleInsiderは、2023年か2024年に発売されると予想していた。

特許の内容と、含まれる図表
Appleが出願した特許における特徴は、マイクロLEDチップ(下記図表1の120)と同一面にセンサー(110)を搭載する点です。

特許には、搭載される光学センサーによってどのような機能(5A)が提供されるか記されている。(5Bは省略)


【オリジナル記事・引用元・参照】
ttps://iphone-mania.jp/news-442124/

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し