デトロイトトーマツ、100万件の特許・技術情報・出資関係等、膨大な情報を瞬時に可視化する分析ツールの提供を開始

デトロイトトーマツグループのデトロイトトーマツコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長:佐瀬真人、以下DTC)は、全世界100万件超の特許・技術情報を軸に、出資・提携関係、財務情報など膨大なデータから、利用者の経営戦略策定に資する的確な情報を分析し瞬時に可視化する、市場動向分析ツール「Napier(ネイピア)」の提供を開始したとDigital PR Platformが22年2月10日伝えている。

昨今、SDGsやSmart X(Smart Energy、Smart City、Smart Healthcareなど)といった業界横断的な課題が事業機会となり、その具体化が事業戦略の巧拙に影響している。また、戦略実現の手段としてのアライアンス・M&Aといったインオーガニック戦略策定、あるいは新規事業開発など、複雑化する事業環境における意思決定のためには、複雑化する対象領域の状況をきめ細かく観察し、大胆に方向づける的確な市場動向把握が必須になっている。
しかしながら、事業の業際が複雑(曖昧)になり、検討すべき対象範囲が広がる中、情報取得が困難な新興国での技術進化も含め、日々更新されていく情報を、ヒトの手で正確に収集することは困難です。結果として、限られた情報から導いた仮説に基づいて意思決定していた実態がある。

そこで、DTCは、当社が培ってきたアナリティクス、AI知見とグローバルのネットワークを背景に、多様なデータソースから得られる膨大で複雑な特許・財務・出資関連の事実情報を瞬時に解析し、開示情報の取得が困難な新興国企業の情報も含め戦略策定に資する情報を可視化し提供する、市場動向分析ツール「Napier」を開発した。

Napierを使うことで企業は、ターゲットとする領域(市場)にどういった企業が参入していて、どこの技術分野の研究開発が活発か、また競合企業がどのような技術・ケイパビリティを有する(スタートアップ含む)企業に重点投資しているのか、といった経営戦略策定に必要な情報を俯瞰的かつ多面的に把握できるようになる。

■Napierの主な特長

・独自アルゴリズムで特許データを将来の注力領域を示す先行指標としてスコア化
・スコア情報を財務・出資情報と紐づけることにより、競合動向とエコシステムを可視化
・競合企業間の出資関係を独自の描画ツールによる可視化により鍵となる企業の発見を支援
・ターゲット企業の投資・出資(ファンド含む)・財務・非財務データを統合的に提供し、資戦略分析を支援
・スコア情報や出資情報の紐づけにより、スタートアップ企業の探索を効率化

■Napierで行える主な分析(イメージ図)

Napierでは、企業が特に事業関心度の高い分野をフォーカスしており、当初はSmart Energy、Smart Factory、自動運転、ドローン、5G、Smart Healthcare、Fintech、セキュリティといった20の注目分野の市場・企業動向の把握を容易にしてる。



【オリジナル記事・引用元・参照】
https://digitalpr.jp/r/55760
https://digital-professionalservice-portal.deloitte.jp/contents/assets/Napier/index.html

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し