サムスンが折り畳みスマホの特許公開 縦横、内外に折り畳めるノートPCとしても使用可能

サムスンが折り畳みスマートフォンに関する新たな特許を取得したことが明らかになった。縦横、内外へ自由に折り畳むことができる。そのことをオランダのテック系メディア「LetsGoDigital」が伝えたと中国最大のITメディアの36Kr Japanが22年2月28日取り上げた。

この折り畳みスマホは、水平と垂直方向に2つのヒンジ(蝶番)がある。水平方向のヒンジは画面を2分割する位置にあり、垂直方向のヒンジは画面中央からやや左寄りにある。つまり、横折りすると折り畳み線が真ん中より左にずれ、左右非対称になるが、折り畳んだ後の前面のディスプレイのサイズが通常のスマホのサイズに近くなるため、画面表示に適しており使い勝手が良い。

折り畳み線が画面中央にあると、折り畳んだ状態では画面の幅が狭くなりすぎてしまう。また、横折りの場合はディスプレイは外向きに二画面表示になる。縦折りではディスプレイは内側になり、傷がつかないよう保護できる。

さらに特筆したいのは、縦折りにすると上下とも画面の縦横比がほぼ16:9となり、それぞれディスプレイとバーチャルキーボードとして使えるのでミニノートパソコンにもなることだ。

サムスンは昨年7月に世界知的所有権機関(WIPO)にこれを「畳める電子機器」として特許出願した。特許出願書類は全57ページにわたり、国際公開日は2022年2月10日だ。業界関係者は、この特許は非常に汎用的で、特許を利用した端末によってタブレット、スマホ、ノートパソコンの違いが一層曖昧になり、一台でこれらの端末の機能をすべて備えることさえ可能だとみる。

サムスンは、今年1月初めの電子機器の業界向け見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」でFlex SシリーズとFlex Gシリーズを含む3つの三つ折りスマホのコンセプトモデルを発表した。

CESで展示されたモデルを見る限り、Flex SもFlex Gも使いやすく、画面の折り畳みもスムーズで、画質も良い。

サムスンは外折りスマホをまだ量産していないが、Flex Sは外折りも内折りも含めてS字型に三つ折りするタイプなので生産は一層困難だ。さらにサムスンは今回、1台のスマートフォンで内折り、外折り、横折り、縦折りを可能にした。ここに、サムスンの折り畳みスマホ技術へのあくなき挑戦を垣間見ることができる。

サムスンは折り畳みスマホの量産で世界をリードしている。サムスンは、昨年1年間に世界の9割の折り畳みスマホを売り上げた。調査会社「カウンターポイント(Counterpoint)」のデータによると、世界で販売される折り畳みスマホの10台に9台はサムスン製で、サムスンは2019年以来、スマホメーカーで最多となる7モデルの折り畳みスマホを発表している。


【オリジナル記事・引用元・参照】
ttps://36kr.jp/175895/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読