アップル、iPhoneをカメラスタビライザーや三脚に取り付ける 三脚用アダプターの特許出願

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年2月10日、Appleが出願したiPhoneをカメラスタビライザーや三脚に取り付けるためのアダプターに関する特許を公開したことをiPhone Maniaは22年2月12日伝えている。

Appleが出願した特許に記されたデバイスは、iPhone12シリーズ及びiPhone13シリーズのMagSafe機構を利用し、磁力によってそれらを、カメラスタビライザー、三脚、ドローンなどに装着するものです。

下記図表1に記されたアダプター(100)はL型で、カメラスタビライザー(190)にiPhone(180)を直立させて装着することができる。

アダプターの形状は図表2や3のような、取付部(230)を折りたたんで本体に収納(202)できるものや、図表4Aおよび4Bのようなそれらが一体化したものが想定されている。

図表4Aおよび4Bに記されたアダプターにはLightning端子(450)が搭載されており、ここにケーブルを接続することでMagSafe機構を利用したワイヤレス充電が可能になる。

Appleは研究開発の一環として多数の特許を出願していますが、ご存知の通り必ずしもそれに基づく実製品が登場するわけではない。


【オリジナル記事・引用元・参照】
ttps://iphone-mania.jp/news-437449/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読