コロナ飲み薬 27 社が生産へ 医薬品特許プール WHO : モルヌピラビルのライセンス契約を歓迎

国連が支援する公衆衛生組織のMPP=医薬品特許プールは22120日、メルクが開発した新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」をめぐり、インドやエジプト、中国などの企業、27社とライセンス契約を締結したと発表した。

契約した企業はモルヌピラビルの原料やジェネリック医薬品を生産する。ロイター通信によると、モルヌピラビルを使う治療はおよそ700ドルかかるが、今回の契約で、早ければ来月にも低中所得の105ヵ国におよそ20ドルでジェネリック医薬品を供給できるようになるという。

モルヌピラビルは、治験用経口抗ウイルス薬で、中間第III相臨床試験において、軽度から中等度のCOVID-19患者の入院リスクを50%減少させると報告されている。現在、COVID-19治療薬に関するWHOの生活ガイドラインに組み込まれたとして評価されており、規制機関からの使用に関する承認を保留しているが、承認されれば、入院していない軽度から中等度のCOVID-19患者にとって初めての経口薬となる。

MPP/MSDライセンス契約は、世界中の一般的なライセンシーが供給を準備し、より手頃な価格の薬、保留中のWHO勧告、その他の規制承認を作成できるようにすることで、治療へのより広範なアクセスを可能な限り迅速に作成するための前向きなステップだ。

モルヌピラビルのMPPライセンス契約に関してWHO-Unitaidは次のような声明を発表している。我々は、公衆衛生の観点からライセンスを交渉するためのMPPを称賛する – WHOCOVID-19テクノロジーアクセスプール(C-TAP)の原則に沿って、それは非独占的で透明です。

我々は、機関がグローバルに使用するための薬を評価できるように、できるだけ早くWHOに臨床試験のデータを提供することを製造業者に強く求める。

ワクチン、治療薬、診断を開発している他の企業は、特にパンデミックを終わらせるためにすべての国で幅広い供給と手頃な価格を確保する必要がある他の有望なCOVID-19医療技術のために、できるだけ早くオープンで透明なライセンスを検討する必要があります。

COVID-19ツールアクセラレータ(ACT-A)C-TAPへのアクセスは、MPPと提携して、このようなライセンスを容易にするために取り組んでおり、関連する開発者とのオープンな対話を楽しみにしています。

なお、医薬品特許プール(Medicines Patent Pool: MPP)とは国際連合が支援する公衆衛生団体で、低・中所得国における命を救う医薬品へのアクセス向上とその開発推進に取り組んでいる。革新的な事業モデルにより、MPPは民間、政府、国際組織、業界、患者団体、その他関係者と連携し、必要な医薬品の優先付けとライセンス、知的財産のプールを行い、後発医薬品の製造と新たな製剤開発を支援している。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://www.who.int/news/item/27-10-2021-who-unitaid-statement-on-the-mpp-licensing-agreement-for-molnupiravir

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読