「ピーポくん」名刺販売の男性逮捕、 元刑事の弁護士「商標権侵害」のウラ側を語る

警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」入りの名刺を販売したとして、愛知県内の男性が商標法違反の疑いで逮捕された。報道によると、実在する警察官名義の名刺を1枚1000円ほどで販売していたと見られる。 「報道で画像を見ましたが、本物そっくりの名刺ですね」。こう語るのは、元警察官僚で警視庁刑事の経験もある澤井康生弁護士だ。 軽犯罪法は公務員であると偽ったり、法令で定められた制服や記章などに似せた……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録