TradFit、AIスピーカーに話しかけるだけで 最適な旅行情報を提供する基本特許「スマート旅行」を取得

TradFit株式会社が2021年12月4日、基本特許技術「スマート旅行」を発表したと、起業・資金調達メディアの創業手帳は伝えている。(特許第6651162号)

「スマート旅行」は、AIスピーカーから顧客の要望を受け付け、好みに応じたレストランや、観光地、アクティビティなどの観光情報を提供する技術。

今回、基本特許を取得したことにより、独占的に「AIスピーカーから宿泊ゲストの要望を受け付けて、宿泊ゲストの好みに応じたレストラン、観光地、アクティビティ等の旅行情報を提供すること」が可能になる。

TradFitは、スマートスピーカーとチャットボットを活用した宿泊施設の業務効率化システム「TradFit」を提供している。

それは、Amazonが提供するディスプレイ付スマートスピーカー「Echo Show」を活用した、宿泊施設の問い合わせ削減や、宿泊施設内外施設のレコメンド、チャットボットと有人オペレーターによる旅前・中・後の問い合わせの削減などを実現するサービス。

宿泊業界は、新型コロナウイルス感染症の流行により訪日観光客の足は途絶えてしまい大変な苦境に立たされているが、ワクチン接種率の向上や感染状況の落ち着きなどによって再び回復すると考えられている。

コロナ以前の宿泊業界では人手不足と離職率が高いことが課題となっており、慢性的な人手不足を解決するためには、業務効率化が欠かせない。

ほとんどの宿泊施設は予約管理システムなどの導入により基本的な業務効率化を図っており、そのため、さらなる業務効率化を図るには、ホスピタリティ面が考えられる。

訪日観光客数の増加により多言語対応や観光案内などの負担も増加しているため、これらホスピタリティ面での業務効率化と質の向上を両立することが重要とされているが、人手不足であるためスキルのある人材を雇うことは難しいため、ホスピタリティの面で業務効率化・生産性向上を図ることのできるサービスが求められている。

「TradFit」は、スマートスピーカーとチャットボットを活用することにより、宿泊客の利便性を向上させながら、宿泊施設の業務効率化を実現している。

また今回の特許の取得により、独占的にサービスを提供できるようになるため、宿泊業界で大きなシェアを獲得するかもしれない。

TradFitでは他にも多数の特許出願をしており、強固な特許ポートフォリオを構築して、TradFitだけにしか提供できない独占領域を拡大していくとしている。また、基本特許技術「スマート旅行を、
有望企業とのアライアンスにも活用していくとしている。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://sogyotecho.jp/news/20211207tradfit/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000033116.html

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録