Pelotonがオンデマンドクラスに関連する特許侵害の疑いでライバル社をまた提訴

オンラインのレッスン付きエクササイズ機器大手のPelotonがライバルのiFitとEchelonを提訴した。訴因は、両社がPelotonのオンデマンドクラス関連の最大4つの特許を侵害した、というもので、このことをスタートアップに関する記事を配信するTC Japanは21年11月17日次のように伝えている。

その1つは先に、Bloomberg Lawが報じている。Pelotonは賠償金に加えて、特許の期限が切れるまでデバイスの販売を禁じる裁判所命令を求めている。Pelotonは両裁判で、競合他社を同社の技術に「タダ乗りした」と非難している。

iFitに対する不服申し立ては、同社のリーダーボードやActive PulseやSmart Adjust機能を使っているNordicTrackやPro Form、そしてFree Motionプロダクトに関するものだ。
「この訴訟の原因となった行為の前までは、Fit Functionalityにはライブのクラス、すなわちインストラクターが教えてユーザーのデバイスへ実質リアルタイムでストリーミングされるクラスはなく、リーダーボードを使って受講者同士が競争するクラスもなかった。

iFit Functionalityは会員に、同社のマシン上で録画されたエクササイズクラスをやらせるだけで、コミュニティへの参加はまったくないものだった」とPelotonは訴状で述べている。

訴状はiFitを「この特許侵害により大きな利益を得た」と非難している。2021年10月にiFitは、市場条件の悪化により、IPOを中止した。

©Peloton Interactive, Inc.

Echelonに関してPelotonは、バイクの「スマートコネクトEX1、EX3、EX4s、EX5、EX5s、EX-7s、EX-Pro、GT+」、トレッドミルの「Stride」「Stride 5s」、ローイングマシンの「Row」「Row-s」「Row-7s」、そしてアプリの「Echelon Fit」をターゲットにしている。

Pelotonは、Treadをリリースする前は「トレッドミルがリーダーボードを提供することはよく知られていなかった」とし、Echelonは現在、「『オンラインフィルター』で、『誰が同時にオンデマンドクラスを受講しているか』を確認できる」という模倣「リーダーボード」を搭載していると主張している。

Pelotonは過去数年間、両社と険悪な仲だった。Icon Health and Fitnessという社名だったころのiFitを特許侵害で訴訟したし、逆に訴えられたこともある。Pelotonは Echelonを2019年にも訴訟しており、そのときは「Peloton Bikeのユーザー体験を模倣した」などが訴因だった。


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://jp.techcrunch.com/2021/11/17/2021-11-15-peloton-sues-rivals-over-alleged-patent-infringement-related-to-on-demand-classes/
https://www.engadget.com/peloton-lawsuit-patent-infringement-on-demand-classes-202028622.html

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録