有名銀座ママが「銀座ママ」「銀座のママ」を商標登録 同業者困惑、ビジネスへの影響は

「今後『銀座ママ』と銘打った講演を開いたり、そうしたタイトルの動画をSNSなどで上げようと思った場合、どうすればいいのでしょうか」ある銀座のクラブママはそう不安を吐露する。 今年4月と7月に、「銀座ママ」「銀座のママ」が商標登録されていたとNEWSポストセブン21年12月2日伝えている。 「登録したのは『銀座クラブ高嶋』の高嶋りえ子ママです。彼女は自身の名前を冠した化粧品も展開していて、年商4……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録