日程調整ツール「eeasy」、会議の「日程」とともに 「場所」「Web会議方法」を同時に調整できる技術で特許取得

株式会社E4(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:杉本太一朗)は、運営する日程調整ツール「eeasy」(イージー)において、会議の「日程」とともに、開催する「場所」や「Web会議方法」を同時に調整できる技術に関して、特許を取得したことを21年11月1日公表した。

会議は、「複数人が、同じ日時に同じ場所に集まり、会って話し合いをする」という活動のため、会議の開催調整は、開催する「日程」と「場所」の両方を調整する行為に他ならない。

しかし、会議の開催調整は、「日程調整をする」という言葉が広く使われているためか、「日程の調整」だけがクローズアップされやすい傾向にある。

そのため、一般的な日程調整ツールでは、相手との調整は「日程」だけに終始し、「場所」に関しては、「相手に提示できない」「主催者が一方的に通知するだけ」といった機能に留まるため、相手と「場所」を調整する機能はない。

一方、当社は、当初より、会議の開催調整は「日程」と「場所」の両方を調整する行為である、という本質を捉えてサービスを企画・構想のうえ、かねてより「日程」と「場所」を同時に調整できる技術を確立し、特許を出願していたが、この度、一般的な日程調整ツールでは成し得ない当社独自の技術として承認され、特許の取得に至った。

補足になるがWeb会議における「開催場所」において、昨今、Zoom・Google Meet・Microsoft Teams などのWeb会議ツール上で会議を行う機会が増え、Web会議であっても、インターネット上の「場所(=URL)」を決めて集まることには変わりはない。

今回取得した特許技術には、Web会議における「開催場所」の位置づけとなる「Web会議方法」を、日程と同時に調整して決定する技術も含まれている。

特許概要としては、Googleカレンダー・Outlookに代表される外部カレンダー上の空き日程を自動で考慮しながら日程調整できるツールにおいて、開催する会議に関して、「開催日程」とともに、「開催場所」または「Web会議方法(=Web会議ツールの種類等)」を同時に調整し、決定できる技術。としている。(特許第6952388号)


【オリジナル記事・引用元・参照】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000057389.html

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し