Samsung、これまで見たこともない巻取り式スマホ Galaxy Z Slideの特許を申請

Samsungが、これまで見たことのないGalaxy Z Slideの特許を申請したことを、iPhone関連の最新ニュースや便利に使い倒す方法などを伝えるiPhone Maniaが、2021年8月11日伝えている。それは、側面に巻き付いたスクリーンがスライドで拡張されるデザインだ。

Samsungは当初、同社初の巻取り式スマートフォンを今年発表するとみられていたが、Galaxy Z SlideもしくはGalaxy Z Rollの発表は2022年に持ち越される可能性が濃厚となった。
Samsungが開発する初期段階の技術は、通常ならばまず韓国内で特許が申請され、その後開発がさらに進むにつれ、米国特許商標庁(USPTO)や世界知的所有権機関(WIPO)へと特許が申請される。

今回明るみに出たSamsungの特許は、ドイツで最初に申請が行われているのが特徴で、Samsungは、ヨーロッパ市場向けの技術を早い段階で確立する狙いがあるものと推測されている。

「フレキシブルディスプレイを搭載した電子機器(Elektronische Vorrichtung mit flexibler Anzeige)」と名付けられた特許は、ドイツ特許商標庁に2021年4月29日付けで申請されており、7月29日に36ページにわたる資料が公開されている。特許出願のデバイスは、スタイリッシュな巻取り式のスマートフォンだ。

最もコンパクトな状態では、通常のスマホのようにデバイスを手にすることができ、左には丸みを帯びた画面があり、デバイスの背面の右半分にはディスプレイ面があるのがわかる。一見2つのディスプレイのようにも見えるが、フレキシブルな1つの大きな画面だ。

より大きな画面が必要な場合には、簡単にタブレット型に変換することができ、正面から見て画面の右側を引き出すと、画面を約40〜50%拡大することができる。ユーザーインターフェースは、使用状況に応じて自動的に調整される。


【オリジナル記事、引用元、参照】
https://iphone-mania.jp/news-388971/
https://news.livedoor.com/article/detail/20679491/

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し