アップル、目が泳いでも操作しやすい 視線入力UI技術を考案・・・特許を取得

PCやスマートフォンなどでは、ユーザーの視線を使って操作するUIが提供されたりする。手を使えない場面などで便利な入力方式なのだが、視線を固定することは簡単でなく、集中していないと無意識に動かしてしまい、思い通りに操作できないこともある。 これに対し、Appleは視線入力とほかの方法を組み合わせるUI技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間9月28日に「GAZE……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録