畿央大学、人工筋肉を導入した 脳卒中後リハビリテーション用肩装具に特許取得

畿央大学(奈良県北葛城郡)健康科学研究科の庄本康治教授と冬木正紀准教授が、人工筋肉を導入したリハビリテーション用肩装具を発明し、特許を取得したと畿央大学を運営する学校法人冬木学園が2021年10月5日発表した。

特許権を得たこの装具は、脳卒中片麻痺を原因とする肩関節下方亜脱臼用のリハビリテーション装具で、従来の引っ張りベルトを用いたリハビリ装具では、麻痺している腕を十分な力で持ち上げることが出来なかったため、代わりに複数本の人工筋肉を導入することで、脳卒中片麻痺により亜脱臼した肩関節を整復する力を飛躍的に向上させた。

畿央大学公式ブログより 脳卒中片麻痺を原因とする肩関節下方亜脱臼用のリハビリテーション装具

人間の腕は数kgから重い人では10kg程度の重さがあるため、脳卒中により半身が麻痺すると肩関節の亜脱臼が起きるという。

このとき、上腕の骨が正常に肩関節にはまっていないまま肩や腕の筋肉が固まってしまうと、脳卒中片麻痺後も肩の痛みが残ってしまうので、リハビリ期間には、麻痺した腕を持ち上げて上腕の骨が肩関節にはまるようにしておく(整復しておく)ことが重要となる。

腕を持ち上げる力が弱い従来のリハビリ装具では、正常に肩がはまっていない状態で関節が固まってしまうことも多く、麻痺の程度が軽くなって自分の筋肉の力で腕を動かすことが出来るようになっても、数十%以上の人が肩関節の痛みを抱えたままだという。

本発明の試作品は、人間の筋肉と同じくらい収縮し、はるかに収縮力の強い人工筋肉を用いて、腕を持ち上げる力を増強。麻痺している腕を持ち上げるための十分な力を得ることができる。

現在、西大和リハビリテーション病院に来院する脳卒中後の患者に装着して試験を行っており、従来品と比較して使用感の向上、肩関節の安定による上肢運動スキルの向上、そして歩行の向上等が確認されており、今後、試験数を増やし、改善を重ねながら開発を続けていくとしている。

【オリジナル記事・引用元・参照】
https://univ-journal.jp/121820/
https://www.kio.ac.jp/information/2021/10/05-2-9.html/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読