iPS細胞初移植の高橋政代氏 理研、ヘリオスらを相手に特許技術の使用を求め裁定請求

iPS細胞から作った網膜の細胞を世界で初めて患者に移植した、高橋政代・元理化学研究所プロジェクトリーダーが代表を務める会社が、目の細胞の製造方法の特許をもつ理研と、バイオベンチャーのヘリオス(本社・東京)などに対し、特許の技術を使わせるよう経済産業相に裁定を求めた。高橋氏が28日、取材に明らかにしたと朝日新聞DEGITALは2021 年9月28日伝えている。 裁定を求めたのは、ビジョンケア(本社……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録