特許無効審判等の口頭審理が 10月1日よりオンライン出頭が可能に

特許係争の現場にデジタル技術が導入されることになった。特許庁の審判廷で行われる特許係争の案件に関し、10月1日からオンラインでの口頭審理が可能となり、訴える側である請求人と訴えられた側の被請求人に対し、オンラインでの参加を認めるという特許法の改正が行われた。 特許庁の審判廷と裁判所の法廷を通じて日本では初めての試みで、オンラインでの参加を認めることで、コロナ禍における感染リスクを回避できるととも……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録