iPhone14筐体(きょうたい)素材にチタン合金を採用か? アップルが特許取得

来年の「iPhone 14」シリーズは、新しいチタン合金シャーシ設計を備えたハイエンドモデルを搭載する予定であると、JPモルガン・チェースの新しい投資家レポートを、アップルのニュースと噂のサイトMacRumorsが2021年7月26日、次のように伝えている。

レポートが正確であれば、iPhoneでのチタンの使用はアップルにとって初めてのこと。同社は現在、いくつかのApple Watchシリーズ6モデルの材料を使用しており、物理的なAppleカードはチタンで作られているが、最新のiPhoneはアルミニウムとステンレス鋼で作られている。

ステンレス鋼と比較して、チタンは傷に対してより抵抗力を持つ比較的高い硬度を有し、その剛性は曲げに耐えられるほど耐久性を有する。それは鋼鉄と同じくらい強いが、45%軽く、アルミニウムの2倍の強さしかなく、60%しか重くならない。また、他の多くの合金に比べて腐食に対する耐性も高くなります。

しかし、材料にはいくつかの欠点がある。指紋からの油は、裸のチタンおよびチタン合金表面で容易に見ることができ、デバイスにそのマークを残す。チタンの硬度もエッチングが難しくなり、魅力が低下する可能性がある。
しかし、Appleはこれらの問題の両方を克服する方法を研究してきた。最近の特許出願では、Appleが金属表面に薄い酸化物コーティングの使用を検討しており、デバイス上の指紋を大幅に減らすことができることを明らかにしている。

同社はまた、チタンエンクロージャに高光沢面仕上げを与えることができるブラスト、エッチング、化学プロセスを開発し、より魅力的な外観を得ている。

このレポートでは、Touch ID が何らかの形でiPhoneに戻る可能性があるという市場の噂についても言及している。

【オリジナル記事、引用元、参照】
https://www.macrumors.com/2021/07/26/iphone-14-2022-pro-models-titanium-case/

コメントを残す

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読