あらゆる天然セラミドから遊離セラミドの精製に成功 ジェヌインR&D、特許を出願

化粧品や健康食品素材開発の株式会社ジェヌインR&D(代表取締役:宮鍋 征克、所在地:福岡県福岡市東区)は、世界で初めて「あらゆる天然セラミド(糖セラミド)」から遊離セラミド(ヒト型セラミドやフリーセラミド)の精製に成功し、特許出願したと2020年8月21日公表した。

その事業化においては今回の精製方法によって、「植物由来ヒト型セラミドの実用化」を目的に令和2年からすでに福岡県リサイクル総合研究事業化センターによって採択され実証研究プロジェクトがスタートしている。

食料廃棄物と「植物由来ヒト型セラミドの実用化」については、世界の食料ロスと食料廃棄物において、人の消費の為に生産された食料の3分の1が世界中で廃棄されている。

その量は年間約13億トンにもなり。日本国内では年間357万トンにもおよび、食料廃棄物発生量全体に占める可食部の割合は18%となっている。

これまで全国で発生する食品残渣(ざんさ)は、一部家畜の飼料として利用されているが、その利用は限定地域のみ利用され、その処理が大きな問題でもあった。

しかし、世界的に食糧不足が叫ばれる中、食品廃棄物は単なる飼料ではなく高機能成分の原料(化粧品・健康食品原料)に利用され、精製後の廃棄物は機能物質と付加価値のついた飼料や植物工場用の有機液肥として利用が見込まれている。

セラミド関連物質の基本構造

「植物由来ヒト型セラミド」については、糖セラミドから得られた天然ヒト型セラミドは、多様な分子種を有し極長鎖セラミドを多く含み、多価ヒドロキシ型のこれまでにない優位性を持った天然ヒト型セラミドとなっている。

さらに、セラミドは「量より質」へ天然ヒト型セラミドにより肌本来の機能を取り戻す構造多機能性に富み、バリア機能の高い高分子(長鎖)型多く含むセラミドとなり、また、最新の研究では、脳や各臓器に大きな役割を果たしていると、セラミドはシグナル伝達物質と言われ、その役割は多岐にわたることが報告されている。

ジェヌインR&Dでは今後の取組みにおいて、各都道府県で発生している地域特有の廃棄物などからご当地セラミドなどの受託生産を受け、全国の廃棄物量低減に貢献していくとしている。

【引用・参照】
https://www.atpress.ne.jp/news/222997
https://genuinerd.com/

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し