Amazon、スキーヤーやサーファー、横乗り系スポーツでの 牽引用ドローン特許取得へ

アメリカを代表するIT企業4社GAFAの一翼を担っているアマゾン。そのアマゾンがドローンを活用した新たな配送方法となるプライムエアーにここ何年も取り組んでいることは有名だが、プライムエアーの新たな使い道に着手していることが判明した。

その使い方がユニークで、サーファー、スキーヤー、スケーターなどがドローンから垂らしたロープを掴んでのトウイン(牽引)であり、新たなる特許を2020年8月18日に取得している。

個人向けドローンのリーディングカンパニーである中国のDJI社のドローンが一般ユーザーにまで浸透し始めてから、様々な活用方法の模索がスタートしたドローン。シャークアタックに悩むオーストラリアでは上空からのパトロールに活用していますし、水難救助対策として沖合で溺れた海水浴客に救命胴衣を届けるという使い方もある。
サーファーなどのトウインは突飛な発想のように思えるが、実は今から4年前から一部で話題になっていたものの、まさかアマゾンが特許取得に動くとは意外なニュースと言える。

アマゾンの着眼点としては、オペレーターを不要とする自動操縦のドローンと個人ユーザーをリンクさせた点だ。

アマゾンが想定している使い方としては、雪山でのリフト代わりといった感じで、波に乗り終えた後にラインナップへとトウインで戻れるようになるとか。ドローントウインでアウトに出た後、利用者は牽引ロープを手放して波に乗り、その後GPSを付けた利用者のいるインサイドまでドローンが自動で迎えに来るという仕組みのようだ。

これが実現すれば、「パドルバック」ならぬ「ドローンバック」がスタンダードになる日が来るのかもしれない。

なかなか興味深いドローンだが、間違いなく個人使用のレベルで購入するようなドローンではないので、アマゾンがどのようなビジネス展開を狙っているのか、アマゾンほどのビッグカンパニーの動向なので目が離せない。

【引用・参照】
https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/202008280026-spnaviow

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し