急拡大の“密を回避する”混雑解消サービス 事業の要は特許と知財ポートフォリオ構築

株式会社バカンは、施設や場所の混雑情報をリアルタイムで配信・可視化するサービスを提供するスタートアップ。2016年の創業から5年足らずで多くの企業や自治体と連携し、急速に事業を拡大している。これらの連携を下支えしているのが創業初期に取得した特許の存在だと、スタートアップの知財コミュニティサイト「IP BASE」は2021年8月17日伝えている。 センサーや画像認識を活用してあらゆる場所の混雑状況……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録