Apple Watchは水分補給の時期も知らせる? アップルが特許取得

iPhone関連の最新ニュースや便利に使い倒す方法などを伝えるiPhone Mania、Appleが現地時間2021年8月17日、米国特許商標庁(USPTO)において、Apple Watchを用いたユーザーの水分補給の必要性の把握と警告に関する特許を取得したことを次のように伝えている。

今回の特許に記された水分補給の必要性を把握する方法は、使い捨て医療器具を使って体液を測定する方法とは異なり、Apple Watchなどのウェアラブルデバイスのセンサーを使用してそれを行おうというもの。

Apple Watchを使って水分補給の必要性が把握できれば、熱中症対策として有用だとPatently Appleは期待を示している。
Apple Watchを使った水分補給の必要性の把握は、主にユーザーの汗の電解質濃度を測定することで行われる。

特許内の図表1は、Apple Watchを表し、図表2では、Apple Watch(10)のバンド(110)には、汗の測定・分析を行うための1つまたは複数の電極(140)が搭載されることが説明されている。

バンドの内部には空間が設けられており、ユーザーの汗はここに入り、それによって電極と接触、汗の抵抗値から電解質濃度が求められ、水分補給の必要性が算出される。
今回の特許に基づく水分補給の必要性を把握する方法であれば、Apple Watch本体に新たなセンサーを搭載しなくても、専用バンドを用意し隠しポートを通じて測定値を本体に送信することで新機能が利用可能になると期待されている。

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し