特許庁主催、「IPAS2020」成果発表会 スタートアップ15社の知的戦略をレポート

特許庁は2021年3月23日、スタートアップの成長を事業と知財の両面で加速させる知財アクセラレーションプログラム「IPAS2020」の成果発表会「Demo Day」をオンラインにて開催した。

IPAS2020では、応募総数113社の中から採択された15社に対して約5ヵ月間の知財メンタリングを実施。Demo Dayでは、支援先企業がIPAS2020を通じて得られた成果を発表した。
スタートアップの知財コミュニティポータルサイトHPより

特許庁では、スタートアップの事業戦略に連動した知財戦略の策定を支援するため、知財アクセラレーションプログラム(IPAS)を2018年より実施している。

IPASは、スタートアップ支援経験のある知財専門家とビジネスの専門家からなる知財メンタリングチームを支援先の企業へ派遣し、ビジネスに合った知財戦略構築を支援するもの。

特許庁の2020年度支援先スタートアップ企業15社を決定のプレスリリースより

2018年度と2019年度の2年間のIPAS事業では計25社のスタートアップを支援し、支援開始以降に出願された特許件数は81件、支援後に10社が資金調達を達成、1社がEXIT(出資者が支援してきたスタートアップ企業から利益を回収すること)に成功している。

今回参加したスタートアップ15社それぞれの事業や課題に応じた知財戦略が構築され、2020年度の知財アクセラレーションプログラムが有意義なものであったことが伺い知れる。

15社のうち、アナウト株式会社共同創業者/取締役の熊頭勇太氏は、特許出願の基礎知識、出願時に留意すべき要点や盲点、知財保護や契約の法務、知財をビジネスに発展させるノウハウを、専門家から幅広く学ぶことができた。現在も、IPASから得られたものを元に知財戦略を積み重ねている。と語っている。各社のさらなる成長に期待したい。

【引用元】
「ASCII.jp」https://ascii.jp/elem/000/004/056/4056593/
https://ipbase.go.jp/support/startupxip/
https://www.atpress.ne.jp/news/218951
https://ipbase.go.jp/?fbclid=IwAR0txK9XB2ES93RMEMhOC-MFG4Nv0r6PSMTgqZ20CFdX30Ys74H7Mwbq9R8

コメントを残す

世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し