フクダサインボード、イトーキの特許開放を活用し コードが不要な非接触電の電光看板を開発

看板メーカーの株式会社フクダサインボード(本社:浜松市北区 代表取締役:福田二三雄)はこのほど、株式会社イトーキ(本社:大阪市城東区 社長:平井嘉朗)との特許ライセンス契約により電源コードが不要な非接触給電の電光看板を開発したと2021年3月3日発表した。 この非接触給電によるオンフックシステムを搭載した「KAGAYAKI」は、事務機器大手イトーキの開放特許を活用したもので、壁面に取り付けたレー……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録