現実をスキャンしVRに表示させる技術で マイクロソフトが特許を取得

XRの「いま」を掘りだすニューメディアのMogura VRは、マイクロソフトが米国特許商標庁(USPTO)に対して、VR内に現実のオブジェクトを表示させることが目的と思われる新たな特許を取得していたと、2021523日 次のように公表している。

特許の正式名称は「現実世界の物理的障害をVR環境内にトランジションし、HMDユーザーに警告する(Transitioning into a VR environment and warning HMD users of real-world physical obstacles)」。

HMDから一定の距離内に存在する(現実の)オブジェクトをVR内で再現し、ユーザーに警告するシステムとされています。

特許によれば、物理オブジェクト検出のため、周辺検知システムを使うとのこと。このシステムとVRでのオブジェクト表示を組み合わせて、体験の没入感を高めるために利用する案も、特許内

で示唆されています。


VRに現実のオブジェクトをリアルタイムで表示可能になれば、ゲームプレイ中の快適性は大きく向上するでしょう。見えない家具など気にする必要がなくなるからです。日本のように、部屋があまり広くない環境では、特に有難い機能になると思われます。

2021年5月現在、マイクロソフト以外では、フェイスブックが一体型VRヘッドセットOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに、同様の機能の実装を進めています。Questには、ソファーや机の位置をマークしておくことで、近づいた際に表示される機能が搭載されています。

マイクロソフトの場合は現在、特許段階ですが、もしかすると“表示システム”は今後、マーク不要で自動で表示されるようになるかもしれません。

【オリジナル記事】
https://www.moguravr.com/microsoft-patent-real-world-objects-vr/
https://vrscout.com/news/microsoft-patent-real-world-objects-to-vr/

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録