「ラーメン二郎」と「宅二郎」、 特許庁、ラーメン二郎の周知性を認めず!

根強いファンがいるラーメン二郎、正規ののれん分け店とは別に、さまざまな類似店(インスパイア系)があるのは周知のことかと。インスパイア系の店には二郎を多少連想させはするものの独自のブランドを確立しているものもあれば、一線を越えて本家二郎との誤認混同を招きかねないようなものがある。 後者の例とも言える宅配専門ラーメン店「宅二郎」と本家二郎との争いについて、Yahooニュースは2021年8月14日個人……

このコンテンツは会員専用です。
ログイン 今すぐ会員登録

コメントを残す

世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録