電子透かし装置および方法

特許概要

出願番号 特願2017-077195
出願日 2017/4/8
出願人 河村 尚登
公開番号特開2018-182471
公開日2018/11/15
登録番号 特許第6937007号
特許権者河村 尚登
発明の名称電子透かし装置および方法
技術分野電気・電子、情報・通信
機能制御・ソフトウェア
適用製品印刷装置 プリンタ
目的 印刷耐性のある高画質な電子透かし法を得る。
効果 印刷耐性のある高画質な電子透かし法を得る。
技術概要画像をブロック単位でグリーンノイズ特性を示すクラスタードットパターンを透かし情報に応じて埋め込む。画像毎にパターンを変える。抽出は各ブロックのスペクトル分布のパターンを識別して抽出するが,鍵を必要とせず,画像によらず同一のソフトウェアでよい。除去は鍵を用いて埋め込み前の画像に戻すことができ,透かし情報の書き換えや追記が可能である。
実施実績【無】
許諾実績 【無】
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾【可】

特許内容の解説

電子透かしとは

電子透かし(Digital Watermark)とは、画像情報の中に目に見えない状態で情報を埋め込む技術です。専用のソフトウェアで埋め込み情報を読み取ることが出来ます。

印刷物からの電子透かしの読み取り

透かしの埋め込まれた画像をプリンタに出力した場合、透かし情報が読み取れないという事態が生じます。

無理に読みとるために強く埋め込みますと画質が著しく劣化します。このため、印刷/スキャン耐性を得るためには特別な電子透かしが求められます。

本技術の概要

グリーンノイズ特性を示すドットを画像データに拡散させた不可視型の高耐性電子透かしです。

グリーンノイズパターンは、そのスペクトルが空間周波数の高域と低域がカットされ、中間周波数のみに存在し、プリンタで応答性が高く、人の視覚系では低い応答性を示すように設定できます。

このため、人の目では埋め込みが視認されず、印刷物からの透かし抽出が可能となります。

このグリーンノイズパターンに異方性を与え、埋め込みビット“0”、“1”に対応させて、画像のブロック毎に埋め込みます。読み取りはスペクトル空間で、そのスペクトル形状を見て透かし情報の抽出を行います。

技術の特徴

・高耐性で、印刷/スキャン耐性がある。(スペクトル拡散法の一種)
・高画質である。(グリーンノイズパターンは視認され難い。また、ブロックの境界が視認され難い)
・可逆型である。(鍵により埋め込み前の画像に戻すことが出来る)
・安全性が高い。(画像毎にグリーンノイズパターンを変える)

運用形態

下図のように、著作権保護やAnnotationなどの応用が考えられます。

希望価格

要相談

希望条件

要相談

お問い合わせ

このコンテンツは会員専用です。
会員に登録すると続きをお読みいただけます。

フリー会員           無料            
スタンダード会員   月額1,980円

ログイン 今すぐ会員登録

当サービスはサブスクリプションモデルとなっており
ご登録のクレジットカードから毎月自動で支払いが行われます。

利用規約  |  プライバシーポリシー

スタンダード会員に登録

特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読