戦場より生活で!ドローン実用化で見える世界

INTRODUCTION

最近、家庭用、業務用問わずドローンがとても身近なものになりました。

世界ではドローンの活用した新ビジネスが日々生まれております。
つい先日までドローン等の飛行物体が私達の身の回りを飛ぶことすら想像もしませんでしたが、それが現実のものとなっております。

そこで、今回は、特許情報から、それほど遠くない未来、まさに数年後実用化されそうな発明をご紹介します。

コーヒーのドローン配達

まずはじめにご紹介するのは、ドローンによるコーヒーの配達に関する発明となります。

ドローンには種々のセンサーが搭載されるようになりました。近い将来、ドローンが、人間の様子を判断して、コーヒーが必要な人にコーヒーを与えるようにあるかもしれません。

空域利用促進システム

次に、「空域利用促進システム」に関する発明です。

一般的に、土地所有者は、その土地の上空の空域についても所定の高さの範囲まではその権利を保有しています。

このため、ドローン等を飛行させる場合には、原則として、1回1回その土地所有者等の承諾を得る必要があります。それを管理できるシステムが発明されました。

泥棒ドローン対策システム

最後に、「泥棒ドローン対策システム」に関する発明です。

住宅や所定の場所に商品を届けることは、いまや当たり前の物流状態と言ってよいほど、我々の生活において浸透しています。

しかし、近い将来、ドローンの普及ともに登場するのは商品を盗む「泥棒ドローン」です。商品は配達された途端、窃盗及び悪意ある行動のターゲットになってしまいます。

このような「泥棒ドローン」を使用した窃盗行為の対策を、予め講じておく必要があります。

CONTENTS


世界の知財情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

60日間
無料お試し