CONCLUSION

IoT製品は今まさにトレンドで、様々なアナログ的なプロダクトが発展しようとしています。

最近では既存の家電メーカー以外の新規参入も相次いでいますが、インターネット上で完結するコンテンツやプラットフォームと大きく異なるのは、物理的な「物」の製作も必要とされる点です。

IoT製品を開発には、主に「ものづくり」「IT」「ソフト」の3分野の技術が合わさるものとなり、大きな投資とリソースのコストがかかります。

そもそも参入障壁が高い分野なので、単に商品開発をするだけでなく特許も取得しておくことができれば、ライバル企業が類似商品を作るリスクがさらに大きくなりますので、オリジナリティのある商品としてプロモーションしやすくなると考えられます

しかし、なんでもかんでも「IoT化」を行えば売り上げが見込めるというわけではなく、これまでの「モノ」だけで抱えていた課題を、「テクノロジー」が解決してくれるというユーザーニーズを的確にとらえ、課題と解決のメリットを分かりやすく打ち出しているIoT製品開発がマーケティングを成功させていると考えられます。


世界の特許情報をわかりやすく。
アイディアの種をみつけよう

まずは
無料登録