テクノロジーと人の二刀流で野球が進化!

INTRODUCTION

ピッチャーとバッターの二刀流といえば、そうです。皆さんご存知のアメリカメジャーリーグで活躍する大谷翔平選手ですが、今回+VISIONとしては、テクノロジーと人の二刀流で野球がどのように進化したのかにスポットを当ててみました。その進化を支える特許をご紹介します。

まずは、スクリーン野球についてです。
スクリーン野球はスクリーンゴルフの野球版で、小さいブース面積でバーチャルなバッティングが楽しめる、シミュレーションスポーツの一つです。つまり、室内で行うバッティングセンターのようなものです。

実は、屋外と異なり、室内で行われるスクリーン野球では室内に設置された照明の影響を受けやすく、ボールの正確な位置情報に影響を与えることがあります。今回は、このような課題を解決する発明をご紹介します。

次に、自由視点映像「ボリュメトリックビデオ(Volumetric Video)」についてです。
ボリュメトリックビデオ技術は、空間全体を3Dデータ化し、コンピュータ内のバーチャル空間のあらゆるアングルから映像を生成できる技術です。

近年では、野球等のスポーツ中継において、例えばピッチャーが投げたボールをバッターが打った場合、通常であればピッチャーの後方からの映像でしかバッター表情をとらえることができませが、この技術を利用すれば、バッターの横へ回り込み、打つ瞬間や走っているそばの映像など、あらゆる角度からバッターの表情を映し出すことができます。今回は、このような発明をご紹介します。

最後は、野球のグローブに関する発明です。
現在のグローブは野球というスポーツが誕生してから長い年月をかけて進化して、今の形状になります。

普段、+VISIONでは、最先端の特許をご紹介しますが、このグローブについては特許の歴史を追いかけてみたいと思います。

CONTENTS