+VISION

巨大な海中構造物のつくりかた

工場は海の中??

工場は海の中??

海に囲まれた日本では、昔から船舶を始めとした海上・海中構造物を製造する、造船業などの産業は欠かせないものとなっています。一般に、断面径が10m程度の船舶や潜水艇などは、予め陸上のドックで製作し、海上まで牽引することや、パーツごとに分割したものをドックで製作し、海上で水密性を確保した状態で一体化させる方法が採用されています。
しかし、大きさが数100mとなるような大型の海中構造物を構築する場合には、陸上で完成物を作って海上まで牽引することは困難であるし、パーツごとに分割したとしても、すべての分割体を、水密性を維持したまま接合・一体化させることは困難でした。 そこで、新たな海上施工システムとして、海中構造物の球状外殻を、耐水圧性を有した躯体フレーム構造とし、また、フレームの内側には中央タワーを併せて構築することで、外殻が水圧などの外力を受けた場合の変形を防ぐ効果を奏する一方、タワー内に商業施設、例えばホテル、オフィス、共同住宅や社宅などを設けることも可能なものとしました。このような中央タワーの外側の海上で、海中構造物の外殻を構築し、できたものから海中に沈めていくという施工方法をとることで、巨大な海中構造物が可能となるそうです。快適な海中生活をしながら船舶等の製造に携われるなんて、宇宙ステーションを海の中に作ったようで、なんだかワクワクしませんか?

■従来の課題

船舶・潜水艇などに代表される海中の構造物は、予め陸上の製作し易いドック等の場所で製作し、設置現場の海上まで船で牽引する方法、または、球殻型海中構造物を分割した大きさのものをドック等の場所で製作し、設置現場となる海上でこれら分割された構造体を組み立てて一体化させる方法などによって構築される。