+VISION

No Image

50回洗える子供用抗菌マスク

50回洗える子供用抗菌マスク

50回洗える子供用抗菌マスク

新型コロナ問題が収束するのはいつになるのか。未だ先行き不透明な中、様々な企業が経済と人々の生活をサポートすべく各分野の経験を活かした商品開発に取り組んでいます。

そんな中で今回注目したのは、子供服ブランドの大手「ミキハウス」が特許技術を用いて開発した「50回洗える子供用抗菌マスク」
特許技術により抗菌仕様をプラスしただけでなく、50回洗って使えるマスクです。
新型コロナの影響で真っ先に不足したのがマスク。現在もマスクは安定供給といかず、多くの企業がマスクの開発・生産に力を入れています。もともと、ミキハウスはこのマスクを2020年秋に発売する予定だったそう。
しかし、マスク不足が解消されない切迫した状況をみて、販売計画を見直し4月上旬に販売をスタートさせました。

一般的なマスクに比べて子供用マスクは数も種類も少ないのが現状。子育て家庭にとって、子供用抗菌マスクは喉から手がでるほどほしいですよね。さらに「50回洗って使える上に抗菌効果が持続する」というのですから、ミキハウスが採用した特許技術が気になるところ。

一体どのような特許技術を採用したのでしょうか?

■ミキハウスが採用した抗菌の特許技術とは?

ミキハウスが採用した抗菌技術は特許・商標登録済み。

新型コロナ騒動が起きてから開発・登録されたものではなく、2011年より前に研究がスタートし、一部は2011年秋から特許登録されている技術。
およそ9年以上前から研究・開発が進められていたものであり、すでに次の感染症では実験が行われその成果も公表されています。

● A型インフルエンザ
● B型インフルエンザ
● ノロウイルス
● アデノウイルス

新型コロナウイルスに関しても「理論上効果あり」との記載がありました。

【引用】:Veterinary Science – Etak関連情報

■抗菌特許技術が開発された経緯

ミキハウスが抗菌マスク開発にあたって採用したこの特許技術。開発のきっかけは、広島大学歯学部の二川教授の研究でした。
当初、二川教授が開発していたのは「もっと義歯(入れ歯)を簡単に洗浄するための方法」だったそう。従来の手入れ方法では、手間と時間がかかっていたのです。「義歯をもっと短時間で簡単に洗浄でき、抗菌性の持続力も高められないか」
そんな発想から、抗菌の研究が進められ特許技術が誕生。
ミキハウスが採用した特許技術の始まりは、義歯のお手入れをより効率よくシンプルに、かつ抗菌性を持続させるためだったのです。

■特許技術で効果の持続性がUP

それまで、乾燥して抗菌効果が失われることが大きな壁となっていました。特許技術が誕生したことで、抗菌効果の持続性は大幅にUP。ミキハウスが開発したような「50回洗える抗菌マスク」として、人々の感染症予防に大きく役立つ商品が生まれているのです。

この特許技術は、ミキハウスの抗菌マスク以外にも
● 抗菌化スプレー(エーザイ株式会社)
● 抗菌タオル(愛媛のタオルメーカー)
といった商品で採用されています。

新型コロナ騒動で治療薬や予防策の開発が急がれる中、義歯のお手入れをより効率よくシンプルにする目的で開発された技術が、抗菌マスクとして誕生。人々の生活と命を守るための一役を担っています。
ミキハウスが特許技術を採用して開発した抗菌マスクは、新型コロナウイルスを乗り越えるために、人が人種・国籍といった属性や業種を超えて協力し合うことが必要なのだと実感させられますね。

最新のマスク入手情報については公式サイトでチェック!
ミキハウスから特許技術を採用した子ども用ガーゼマスク販売中

■概要

【特許技術基本情報】

特許番号:第3834655
発明の名称:抗菌性材料、及びその製造方法

特許番号:第4830075
発明の名称:ケイ素含有化合物を含む抗菌剤組成物、並びに抗菌化方法、洗浄・洗口方法及び抗菌剤固定

特許番号:第4848484
発明の名称:抗菌剤水溶液及びその保存方法

特許番号:第4972743
発明の名称:洗浄剤組成物および洗浄方法

【商標登録情報】

商標:Etak 
指定商品・役務:衛生マスクなど
商標登録:第5512515号
権利者:ベンチャー企業『株式会社CampusMedico』(国立大学法人広島大学設立)