+VISION

次期iPhone予想

将来iPhoneは総ガラス製ディスプレイ!?表も裏もない次世代iPhoneの特許を取得

Appleはアメリカ現地時間の2月20日、スマートフォン本体の裏表、上下、左右の6面すべてがガラス製のディスプレイで構成されるiPhoneの特許を取得したことが明らかなった。

次期iPhone予想

特許は「ガラス筐体(きょうたい)の電子デバイス(Electronic Device with Glass Enclosure)」と名付けられその詳細によると、「従来、ガラスはデバイス表面のタッチスクリーン上の透明なウインドウ(ディスプレイ画面の一区画)として使用されてきた」と記載されている。
また、「特許のデバイスは、筐体の複数の側面にガラスを使用するもので、視覚的そして触覚的にシームレスに感じられ、(複数のガラスで構成される可能性もあるが)1枚のガラスでできているように見えるかもしれない」とある。
※筐体=何らかの機能を有する機械や電気機器などを中に収めた箱のことを言う。

Appleの神髄がみられる、多くの機能追求と未来型デザインデバイス

SAMSUNGなどとは異なり次々と機能的な仕組みだけを新たにしたスマホなどをリリースしないApple、少々マンネリを感じているiPhoneファンも少なくないのかもしれないが、今回出願の特許では大いにその進化が期待できる未来型デバイスを感じられる内容と注目を集めそうだ。

次期iPhone予想

次期iPhone予想

特許の詳細によると総ガラス製ディスプレイは単にデザイン上の「一枚のガラスでできているように見える」、このことのみならず背面まですべてディスプレイにするような驚きの仕様がイメージされているようだ。

さらに、通話中はデバイスの背面に通話中である旨が表示される仕組みになっているようで、サイドボタンなどもタッチディスプレイに、音量変更ボタンや一部のステータス表示、あるいはコントロールセンターにあるアイコンがサイドに表示されていることも図面から読み取れる。これはその都度、コントロールセンターを表示しなくても各種スイッチのON/OFFができるのは非常に使い勝手が良さそうだ。

常に見た目にも大きく変わった特許を出しているAppleだが、今回の特許はかなり衝撃的でワクワクしそうな内容になっている。しかしながらiPhoneが特許を取得したそのすべての技術開発、製品化が図られている訳ではないが近い将来に実現する可能性は大いに期待できそうだ。

余談だが、高価なスマートフォン、そのためケースを装着して保護しているユーザーも多くみられるが、今回のiPhoneの総ガラス製ディスプレイだとそのリスクはかなり高いく保護も気になるがやはり裸で使いたいものだ。