熱いぜ!スポーツテック特許

INTRODUCTION

今回のテーマは「スポーツテック」です。

スポーツテックとはスポーツとテクノロジーという2つの言葉を組み合わせた造語のことですが、近年のIT技術の発展及びその導入により、スポーツをより楽しむことができるようになりました。

従来、スポーツというとテレビや大型スクリーン等で視聴するだけでしたが、近年では、スポーツ中継での映像についても、様々なエフェクトや合成を加えてより視聴が楽しめるようなったり、スポーツ中の様々なデータを取得することで、そのデータを活用、加工して視聴者にスポーツの魅力を伝えることができるようになりました。

またハードウェアについても技術が進歩し、デバイスやセンサ等がよりコンパクト化したことで、ユーザの生体情報を容易に取得できるようになり、ユーザ自身の身体管理が身近なものになりました。

また、市場規模に目を向けると、世界のスポーツテック市場は2024年までに右肩上がりで拡大、成長すると予想されており、ここにビジネスチャンスが見込まれ、多くの知的財産が生まれております。

世界中では、優れた技術を持ち、スポーツテックに特化したスタートアップが次々と誕生し、ますますスポーツテック市場を盛り上げてくれそうです。

そこで今回は、このようなスポーツテックに関する特許・発明についてご紹介します。

CONTENTS

  • #1仮想テニスシミュレーションシステムとは?


  • 近年、ゴルフや野球において、室内の狭い空間においても、実際のフィールドでゴルフや野球をするような、練習や競技のための仮想コンテンツを提供する、いわゆるスクリーンゴルフ、スクリーン野球といわれる施設が人気を博しています。このような技術を応用して、大衆的な球技として人気の高いテニスにおいても、スクリーンテニスのシステムが登場するようになってきました。

    しかし、テニスはゴルフや野球とは異なり、プレイヤーが一箇所にとどまってボールを打撃するものではなく、ラケットを持ってフィールドをダイナミックに動きながら、相手選手とラリーを繰り広げることにこそ、醍醐味があるスポーツですが、従来の技術では、プレイヤーが多様な位置でボールを打撃しながら、映像内の相手と持続的なラリーを、臨場感を持って繰り広げるには、テニスの特性に合った多様な情報処理ができず、不十分なものでした。

    今回紹介する発明は、テニスというダイナミックなスポーツの特性をプレイヤーが十分に経験できるようにし、プレイヤーが打撃したボールに対する情報処理のみならず、プレイヤーの動きに対してもリアルタイムな分析を行うことで、よりリアルなテニス経験を提供するもので、韓国企業が開発し、すでに実用化されている技術です。

    このページの全ての特許解説を読むには
    フリー会員以上の会員登録が必要です。

    下記のプラン表をご確認の上
    利用規約にチェックを入れてご登録ください。

    「+Vision利用規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社白紙とロック(以下「当社」といいます)が提供する電子情報サービス「+Vision」及びこれに関連するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。

    本サービスは、+Vision配信サイト(以下「本サイト」といいます)を利用することで、情報配信会社(以下「情報サプライヤー」といいます)又は当社が提供するニュース、雑誌情報、動画等(以下、併せて「コンテンツ」といいます)を閲覧すること(以上、+Visionにおいて)、本サービスの会員(以下「会員」といいます)が、イベントへの参加申込み、イベントに関する議論、イベント動画の視聴、会員同士の連携などのサービスを受けることが可能です。

    本規約において、「ユーザー」とは、本サービスの利用者をいい、本サービスを利用した時点から、本規約及び個人情報保護方針に同意したものとみなします。

    第1条(適用の範囲)

    1. 本規約は、当社が運営する本サービス及びこれに付帯するサービスの利用に関する一切について適用されるものとします。
    2. 特定の会員に対してのみ適用されるサービス等については、当社が本サイト上で表示する各条件等が適用されるものとし、これらの表示を本規約の一部とみなして適用するものとします。

    第2条(必要環境)

    本サイトの利用又は本サービスを通じた第三者のサービス・コンテンツ・リソースの利用には、インターネットへの接続が必要になります。いずれも通信料金はユーザーの負担となります。

    第3条(本サービスの利用)

    1. 本サービスは、本規約のほか、適用される法令等を遵守している者に限り、利用することができるものとします。未成年の方は、保護者(法定代理人)から本サービスを利用する許可を得ていることを表明し、保証したものとみなします。
    2. ユーザーはアカウントを作成し、会員登録する事で、本サービスを会員として利用することができるようになります。本サービスの会員には無料の範囲内で利用する会員(以下「無料会員」といいます)と有料会員(以下「有料会員」といいます)が存在し、会員の種類によって閲覧可能なコンテンツ等、利用可能な機能が異なります(以下、無料会員と有料会員を併せて「会員」といいます)。
    3. 当社は、ユーザーが以下の各号に該当すると判断した場合、事前の通知・催告等を経ることなく、アカウントの利用制限や削除、また本サービスへのアクセスを恒久的又は一時的に停止したり、ユーザーコンテンツ(定義は後述)を削除したりすることができるものとします。
      1. 本規約に違反した場合。
      2. 死亡した場合又は後見開始、補佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合。
      3. 過去に本サービスの利用を停止され、又は会員登録を取り消されたことがある場合。
      4. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、又は資金提供その他の行為を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をしている場合。
      5. 上記各号の他、当社がアカウントの停止及びユーザーコンテンツの削除等が適切であると判断した場合。
    4. ユーザーは本サービスに会員登録するにあたり、以下の点を遵守するものとします。
      1. 虚偽の個人情報を提供したり、許可を得ることなく他人のアカウントを作成したりすることはできません。
      2. 個人用アカウントを複数作成することはできません。
      3. アカウントが当社によって停止された場合、当社の許可なく新たなアカウントを作成することはできません。
      4. アカウントの連絡先情報を、当社からのメールを必ず受け取ることができる状態に保つものとします。
      5. パスワードを共有したり、他人にアカウントへのアクセスを許可したり、その他、アカウントのセキュリティを脅かす恐れのある行為を行わないものとします。
      6. アカウントを他人に譲渡することはできません。
      7. アカウントのパスワードなどは、自己の責任において大切に保管し、機密を保持するものとします。ユーザーのアカウントが権限のない者により利用された形跡に気づいた場合、ただちに当社に通知するものとします。
    5. 当社は、会員のアカウントが当該会員以外の第三者によって利用された場合でも、当該会員による利用とみなすことができるものとします。
    6. 当社では、ユーザーの皆さまによりよい機能やサービスを提供することができるよう、日々革新を続けています。その目的を達成するために本サービスは、事前の通知等を経ることなく、変更され、機能追加され、本サービス又はその機能の提供が中止されることがあり、また本サービスの利用に新たな制約が課されることがあります。
    7. ユーザーは、本サービスより受け取る情報に広告が掲載される可能性やユーザーが登録した電子メールアドレスに当社及びユーザーがフォローした企業等からのお知らせや広告等が送信される可能性があることに同意した上で、本サービスを利用します。

    第4条(有料会員の利用料金支払方法)

    1. 有料会員は、本サービスにかかる当社の定める利用料金を、下記各号のうち、当社が指定する方法によって支払うものとします。
    2. 当社の定める利用料金は変更されることがあります。当社が利用料金を変更する場合、当社は本サービス上において予め、変更後の利用料金及び利用料金変更の適用開始時期を会員が知り得る状態に置くものとします。なお、個々の有料会員に対する利用料金変更の効力は、利用料金変更の適用開始時期以降にはじめて到来する、次条に基づく有料会員の利用期間の更新時に利用料金の変更の効力が発生するものとします。
    3. 有料会員は、価格変更の効力発生後も本サービスを引き続き利用した場合には変更後の価格に同意したとみなされるものとし、有料会員が価格変更に同意しない場合、価格変更の発効より前に次条に従い解約することによって、価格変更を拒否することができます。
      1. Apple Inc.及びiTunes株式会社の定めるiTunes Store又はApp Storeでの決済手段
      2. Googleの定めるGoogle Walletでの決済手段
      3. クレジットカードを利用しての決済手段
      4. その他当社の定める決済手段

    第5条(有料会員の利用期間及び登録更新)

    1. 有料会員の利用期間は、有料会員が選択した当社所定の期間とします。
    2. 有料会員の利用期間は、当該期間の満了までに有料会員登録が解約されない限り、当該満了時点において自動的に前項に定める期間と同一の期間で更新されます。
    3. 有料会員は、当社の定める方法により有料会員登録の解約の意思を示す方法により、有料会員登録を解約することができます。当社は、別途定めがない限り、有料会員及び第三者からの電子メール、電話、郵便、直接訪問等による解約手続きは一切行わないものとします。
    4. 前項に基づく有料会員登録の解約は、利用期間満了時(但し、利用期間が3年の場合は、利用期間開始日から1年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後1年が経過した時、同開始日から1年以上2年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後2年が経過した時、同開始日から2年以上3年未満に解約の意思表示を行った場合、利用期間満了時)においてその効力が発生するものとします。この場合、有料会員は無料会員として登録されることになります。
    5. 前項に基づく解約の効力発生日が有料会員の利用期間の途中であった場合、当社は、当該会員に対し、当社所定の返金を行うものとします。

    第6条(本サービスの変更・停止・終了)

    当社は、ユーザーへ事前に通知することなく、本サイト及び本サービスを変更、停止、終了すること、ならびにコンテンツ等を削除することができます。

    第7条(ユーザーによる投稿等及びユーザーコンテンツの利用)

    1. 本サービスは、ユーザー自身がニュース、ブログ、雑誌、コメント等を投稿、表示、全世界にいる本サービスの他ユーザー及び第三者ソーシャルネットワーキングサービスへシェアする機会を提供しています。ユーザー自身が投稿、表示、シェアするすべてのニュース、ブログ、雑誌、コメント等、又はそれらに関連するものはすべて、本規約においては「ユーザーコンテンツ」といい、以下の条件に従うものとします。
    2. ユーザーコンテンツには多数の個人や組織が発信する情報、見解、意見、及び提言が含まれています。当社は、特定のユーザーの提言や意見についてそれを支持することはなく、また、ユーザーコンテンツの定期的な審査、編集は行いません。ユーザーは、ユーザーコンテンツを自らの判断と責任で閲覧、利用する事に同意します。
    3. ユーザーは、自身が本サービスに投稿したユーザーコンテンツにつき、第三者の権利を侵害せず、また法令等にも違反しないようにすることを保証します。これらの権利又は法令等には、知的財産権やプライバシー権を含みますが、これらに限定されません。
    4. 当社は、ユーザーの皆様に快適にご利用頂くため、ユーザーコンテンツが本規約に違反する場合や著しく経済・ビジネスと関連がない場合など、当社の判断によりユーザーコンテンツを削除することがあります。
    5. ユーザーコンテンツのうちコメントについては、本規約に違反しており、かつ権利侵害・誹謗中傷・いやがらせ等を受けた本人からの通報があった場合、原則として事前通告なく削除いたします。

    第8条(著作権等)

    1. 本サービスに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権はすべて、当社に帰属します。
    2. コンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及び財産権は、当社又は正当な権利を有する情報サプライヤーに帰属します。
    3. ユ-ザーコンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権は、すべてユーザーコンテンツを投稿したユーザー又は当該ユーザーコンテンツの著作権がユーザー以外の第三者に帰属する場合には当該著作権者に帰属します。
    4. ユーザーは、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して、ユーザーコンテンツの国内外における複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利(当社から第三者に対する再使用許諾権を含みます。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償で利用することを許諾したものとします。また、ユーザーは当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないものとします。

    第9条(禁止事項)

    ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を自ら又は第三者を通じて行わないものとします。

      1. 本サイト、コンテンツ若しくはユーザー本人が権利を有しないユーザーコンテンツを、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変その他の態様で利用する行為。
      2. 自動化された手段(情報収集ボット、ロボット、スパイダー、スクレーパーなど)を使用して、本サービスにアカウント登録したり、アクセスしたりする行為。
      3. 当社又は正当な権利を有する権利者の著作権、登録商標等の知的所有権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
      4. 当社の通信設備、コンピューター、その他の機器及びソフトウェアに不正にアクセスし、又は、その利用若しくは運用に支障を与える行為又は与える恐れのある行為。
      5. 当社の明示的な書面承諾なくして、本サービス中のいかなる個別部分若しくは資料、当社及び本サービスの名前、いかなる当社の商標、ロゴ又はコンテンツ、いかなるページ若しくはページに含まれるフォームのレイアウト及びデザインを使用、表示、ミラー、フレーム又はフレーム技術を使用しエンクローズする行為。
      6. 商業目的などで不特定多数にコンテンツを閲覧させること又は不正な商用メッセージ(迷惑メールなど)を投稿する行為。
      7. 本サービスで、ピラミッド商法など、非合法なマルチ商法などを実施する行為。
      8. 本サービスで、特定の宗教団体や宗教活動へ勧誘する行為。
      9. ウイルス又はその他の悪質なコードをアップロードする行為。
      10. 他のユーザーのログイン情報を求め、他人のアカウントにアクセスする行為。
      11. 当社のソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の操作行為。
      12. 他のユーザーに対するいじめ、脅迫、嫌がらせに当たる行為。
      13. 差別的、脅迫的、又はわいせつ的な投稿や、暴力を誘発するような投稿、ヌード、露骨な、あるいは根拠のない暴力の描写が含まれる投稿をすること。
      14. アルコール関連、出会い目的、又はその他の成人向け投稿(広告を含む)をすること。
      15. 非合法な行為、誤解を招く行為、悪質な行為、差別的な行為。
      16. コンテンツ又はユーザーコンテンツを無断で転載・利用する行為
      17. 上記各号のほか、法令に違反する行為、本規約の違反を助長又は推奨する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、若しくは当社の財産を侵害する行為、当社に不利益を与える行為、その他当社が本サービスの利用目的から鑑みて不適切と判断する行為。

    第10条(個人情報の保護)

    1. 当社は、当社が取り扱う個人情報を、当社の定める個人情報保護方針(以下「当社個人情報保護方針」といいます。)に則り大切に取扱います。
    2. ユーザーは、当社個人情報保護方針を確認の上、これに記載されるユーザー情報の第三者提供につき同意するものとします。

    第11条(免責)

    1. 当社は、ユーザーに対し、本サービスの一切の動作保証を行わず、いかなる責任も負いません。
    2. 本サービスの提供する情報の完全性、真実性、正確性、合法性等に当社は一切の責任を負いません。
    3. 当社は、本サービス及びコンテンツ並びにユーザーコンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではありません。
    4. 本規約又は本サービスに起因する当社の合計損害賠償額は、ユーザーが過去1ヵ月間に当社に支払った金額を超えないものとします。ただし、当社の故意又は重大な過失によりユーザーが損害を被った場合はこの限りではありません。
    5. ユーザーは、Facebook等の外部サービス(以下「外部サービス」といいます)のサービス内容、運用の変更により、又は会員が外部サービスの全部若しくは一部を利用できなくなることにより、本サービスの全部又は一部の利用ができなくなる場合があることを予め了承するものとします。当社は外部サービスに関連して会員に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
    6. 当社は、天災地変その他不可抗力(回線の輻輳、回線の障害、サーバーダウン等を含みますが、これらに限られません。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(外部サービスとの連携)

    1. ユーザーは、外部サービスとの連携機能を利用してログインする際に、当社がデータにアクセスすることについての許可を求められることがあり、かかる内容を確認の上、許可した場合に限り、当該連携機能を利用することができるものとします。
    2. 外部サービスのユーザーIDの登録・利用を含むすべての外部サービスの利用については、ユーザーは、外部サービスの運営者が規定する各規約の定めに従うものとします。
    3. 外部サービスを利用する場合、ユーザーは、自己の責任において当該サービスを利用するものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害、当該サービスの運営者・利用者等との間に生じたトラブルその他の当該サービスに関連する一切の事項について何らの責任も負わないものとします。

    第13条(会員からの退会手続)

    1. 会員が退会を希望する場合は、当社所定の退会手続を行うものとします。
    2. 会員は、退会手続によっても自らの投稿したユーザーコンテンツが削除されない場合があることを予め承諾するものとします。
    3. 会員が退会手続を完了した場合、又は当社と会員との間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、第7条から第16条については、なお有効とします。
    4. 退会手続は会員マイページの「キャンセル」より会員の承諾を得て行うものとします。

    第14条(本規約の変更)

    1. 当社は、一定の猶予期間を設けて変更後の本規約の効力発生日を定め、かつ、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生日を事前に本サイト上への掲載、会員へのメールによる通知その他当社が適当と判断する方法で周知する方法により本規約の変更を行うことができるものとします。
    2. 当社は、変更後の本規約を本サイト上で公開します。ユーザーが本サービスを利用し又は前項に定める当社所定の期間が経過した場合には、ユーザーは変更後の利用規約に同意したものとみなします。

    第15条(準拠法)

    本規約は、日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されます。

    第16条(専属的合意管轄裁判所)

    本規約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    当サービスはサブスクリプションモデルとなっており
    ご登録のクレジットカードから毎月自動で支払いが行われます。

    プライバシーポリシー


  • #2試合の全てを把握・記録する追跡システム


  • 複数のメンバーでチームとなって行うスポーツのことを日本語では一般に「団体競技」といいますが、このような団体競技において、特に2チームに分かれて得点を競うスポーツは、古くから数多く楽しまれてきました。 人気度からいえば野球やサッカー、ラグビーなどが思いつくところですし、米国ではバスケットボールの人気が非常に高いことは多くの人がご存知のことでしょう。

    このような競技において、競技フィールド上でボールがどのように動き、誰がいつゴールを決めるかという点が最も注目されるところではありますが、熱心なファンの視点や、特にチームの監督などからすれば、ボールだけ追いかけているわけにはいかず、選手それぞれがどのようにフォーメーションを組んで戦略的に動くかを把握し、分析したいという思いをもつことは当然のことです。

    しかし、フィールドが広かったり、人数が多かったりすればそれだけ、全体を把握することは困難を極めることになります。人間の特性として、どうしても一点を集中して見てしまいますから、リアルタイムに競技フィールド上の事象を俯瞰的に把握するには、コンピュータの力を借りるしかありません。

    今回紹介する特許は、このような課題を背景に、競技フィールド上の選手やボールを全てタグ付けし、その三次元的位置関係、また、相互の位置関係を全てリアルタイムで把握し、記録し、分析するためのシステムです。 このようなシステムを用いることで、試合の楽しみを著しく向上させることができると期待されます。

    ほとんどのスポーツ活動において、個々の選手やチームがどのようにパフォーマンスを発揮しているかを詳細に検討及び分析することは、スポーツのパフォーマンスを改善するために極めて重要なことです。したがって、競技フィールド(例えばバスケットボールコートやホッケーリンクなど)で起こる様々な事象を識別及び分析する能力を高めるツールは皆が望むものといえます。

    さらにいえば、試合で多くの選手やボールが全て同時に動いていることを考えれば、起きている全てのことを全て同時に明確に見ることは、相当な困難性があると容易に想像できます。

    よって、スポーツの事象の動作をモニタリングして、かつ分析でき、ファンやコーチが見るためにその分析結果が表示されるとすれば、試合の楽しみを著しく高めることができるといえます。

    このページの全ての特許解説を読むには
    フリー会員以上の会員登録が必要です。

    下記のプラン表をご確認の上
    利用規約にチェックを入れてご登録ください。

    「+Vision利用規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社白紙とロック(以下「当社」といいます)が提供する電子情報サービス「+Vision」及びこれに関連するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。

    本サービスは、+Vision配信サイト(以下「本サイト」といいます)を利用することで、情報配信会社(以下「情報サプライヤー」といいます)又は当社が提供するニュース、雑誌情報、動画等(以下、併せて「コンテンツ」といいます)を閲覧すること(以上、+Visionにおいて)、本サービスの会員(以下「会員」といいます)が、イベントへの参加申込み、イベントに関する議論、イベント動画の視聴、会員同士の連携などのサービスを受けることが可能です。

    本規約において、「ユーザー」とは、本サービスの利用者をいい、本サービスを利用した時点から、本規約及び個人情報保護方針に同意したものとみなします。

    第1条(適用の範囲)

    1. 本規約は、当社が運営する本サービス及びこれに付帯するサービスの利用に関する一切について適用されるものとします。
    2. 特定の会員に対してのみ適用されるサービス等については、当社が本サイト上で表示する各条件等が適用されるものとし、これらの表示を本規約の一部とみなして適用するものとします。

    第2条(必要環境)

    本サイトの利用又は本サービスを通じた第三者のサービス・コンテンツ・リソースの利用には、インターネットへの接続が必要になります。いずれも通信料金はユーザーの負担となります。

    第3条(本サービスの利用)

    1. 本サービスは、本規約のほか、適用される法令等を遵守している者に限り、利用することができるものとします。未成年の方は、保護者(法定代理人)から本サービスを利用する許可を得ていることを表明し、保証したものとみなします。
    2. ユーザーはアカウントを作成し、会員登録する事で、本サービスを会員として利用することができるようになります。本サービスの会員には無料の範囲内で利用する会員(以下「無料会員」といいます)と有料会員(以下「有料会員」といいます)が存在し、会員の種類によって閲覧可能なコンテンツ等、利用可能な機能が異なります(以下、無料会員と有料会員を併せて「会員」といいます)。
    3. 当社は、ユーザーが以下の各号に該当すると判断した場合、事前の通知・催告等を経ることなく、アカウントの利用制限や削除、また本サービスへのアクセスを恒久的又は一時的に停止したり、ユーザーコンテンツ(定義は後述)を削除したりすることができるものとします。
      1. 本規約に違反した場合。
      2. 死亡した場合又は後見開始、補佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合。
      3. 過去に本サービスの利用を停止され、又は会員登録を取り消されたことがある場合。
      4. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、又は資金提供その他の行為を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をしている場合。
      5. 上記各号の他、当社がアカウントの停止及びユーザーコンテンツの削除等が適切であると判断した場合。
    4. ユーザーは本サービスに会員登録するにあたり、以下の点を遵守するものとします。
      1. 虚偽の個人情報を提供したり、許可を得ることなく他人のアカウントを作成したりすることはできません。
      2. 個人用アカウントを複数作成することはできません。
      3. アカウントが当社によって停止された場合、当社の許可なく新たなアカウントを作成することはできません。
      4. アカウントの連絡先情報を、当社からのメールを必ず受け取ることができる状態に保つものとします。
      5. パスワードを共有したり、他人にアカウントへのアクセスを許可したり、その他、アカウントのセキュリティを脅かす恐れのある行為を行わないものとします。
      6. アカウントを他人に譲渡することはできません。
      7. アカウントのパスワードなどは、自己の責任において大切に保管し、機密を保持するものとします。ユーザーのアカウントが権限のない者により利用された形跡に気づいた場合、ただちに当社に通知するものとします。
    5. 当社は、会員のアカウントが当該会員以外の第三者によって利用された場合でも、当該会員による利用とみなすことができるものとします。
    6. 当社では、ユーザーの皆さまによりよい機能やサービスを提供することができるよう、日々革新を続けています。その目的を達成するために本サービスは、事前の通知等を経ることなく、変更され、機能追加され、本サービス又はその機能の提供が中止されることがあり、また本サービスの利用に新たな制約が課されることがあります。
    7. ユーザーは、本サービスより受け取る情報に広告が掲載される可能性やユーザーが登録した電子メールアドレスに当社及びユーザーがフォローした企業等からのお知らせや広告等が送信される可能性があることに同意した上で、本サービスを利用します。

    第4条(有料会員の利用料金支払方法)

    1. 有料会員は、本サービスにかかる当社の定める利用料金を、下記各号のうち、当社が指定する方法によって支払うものとします。
    2. 当社の定める利用料金は変更されることがあります。当社が利用料金を変更する場合、当社は本サービス上において予め、変更後の利用料金及び利用料金変更の適用開始時期を会員が知り得る状態に置くものとします。なお、個々の有料会員に対する利用料金変更の効力は、利用料金変更の適用開始時期以降にはじめて到来する、次条に基づく有料会員の利用期間の更新時に利用料金の変更の効力が発生するものとします。
    3. 有料会員は、価格変更の効力発生後も本サービスを引き続き利用した場合には変更後の価格に同意したとみなされるものとし、有料会員が価格変更に同意しない場合、価格変更の発効より前に次条に従い解約することによって、価格変更を拒否することができます。
      1. Apple Inc.及びiTunes株式会社の定めるiTunes Store又はApp Storeでの決済手段
      2. Googleの定めるGoogle Walletでの決済手段
      3. クレジットカードを利用しての決済手段
      4. その他当社の定める決済手段

    第5条(有料会員の利用期間及び登録更新)

    1. 有料会員の利用期間は、有料会員が選択した当社所定の期間とします。
    2. 有料会員の利用期間は、当該期間の満了までに有料会員登録が解約されない限り、当該満了時点において自動的に前項に定める期間と同一の期間で更新されます。
    3. 有料会員は、当社の定める方法により有料会員登録の解約の意思を示す方法により、有料会員登録を解約することができます。当社は、別途定めがない限り、有料会員及び第三者からの電子メール、電話、郵便、直接訪問等による解約手続きは一切行わないものとします。
    4. 前項に基づく有料会員登録の解約は、利用期間満了時(但し、利用期間が3年の場合は、利用期間開始日から1年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後1年が経過した時、同開始日から1年以上2年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後2年が経過した時、同開始日から2年以上3年未満に解約の意思表示を行った場合、利用期間満了時)においてその効力が発生するものとします。この場合、有料会員は無料会員として登録されることになります。
    5. 前項に基づく解約の効力発生日が有料会員の利用期間の途中であった場合、当社は、当該会員に対し、当社所定の返金を行うものとします。

    第6条(本サービスの変更・停止・終了)

    当社は、ユーザーへ事前に通知することなく、本サイト及び本サービスを変更、停止、終了すること、ならびにコンテンツ等を削除することができます。

    第7条(ユーザーによる投稿等及びユーザーコンテンツの利用)

    1. 本サービスは、ユーザー自身がニュース、ブログ、雑誌、コメント等を投稿、表示、全世界にいる本サービスの他ユーザー及び第三者ソーシャルネットワーキングサービスへシェアする機会を提供しています。ユーザー自身が投稿、表示、シェアするすべてのニュース、ブログ、雑誌、コメント等、又はそれらに関連するものはすべて、本規約においては「ユーザーコンテンツ」といい、以下の条件に従うものとします。
    2. ユーザーコンテンツには多数の個人や組織が発信する情報、見解、意見、及び提言が含まれています。当社は、特定のユーザーの提言や意見についてそれを支持することはなく、また、ユーザーコンテンツの定期的な審査、編集は行いません。ユーザーは、ユーザーコンテンツを自らの判断と責任で閲覧、利用する事に同意します。
    3. ユーザーは、自身が本サービスに投稿したユーザーコンテンツにつき、第三者の権利を侵害せず、また法令等にも違反しないようにすることを保証します。これらの権利又は法令等には、知的財産権やプライバシー権を含みますが、これらに限定されません。
    4. 当社は、ユーザーの皆様に快適にご利用頂くため、ユーザーコンテンツが本規約に違反する場合や著しく経済・ビジネスと関連がない場合など、当社の判断によりユーザーコンテンツを削除することがあります。
    5. ユーザーコンテンツのうちコメントについては、本規約に違反しており、かつ権利侵害・誹謗中傷・いやがらせ等を受けた本人からの通報があった場合、原則として事前通告なく削除いたします。

    第8条(著作権等)

    1. 本サービスに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権はすべて、当社に帰属します。
    2. コンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及び財産権は、当社又は正当な権利を有する情報サプライヤーに帰属します。
    3. ユ-ザーコンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権は、すべてユーザーコンテンツを投稿したユーザー又は当該ユーザーコンテンツの著作権がユーザー以外の第三者に帰属する場合には当該著作権者に帰属します。
    4. ユーザーは、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して、ユーザーコンテンツの国内外における複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利(当社から第三者に対する再使用許諾権を含みます。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償で利用することを許諾したものとします。また、ユーザーは当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないものとします。

    第9条(禁止事項)

    ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を自ら又は第三者を通じて行わないものとします。

      1. 本サイト、コンテンツ若しくはユーザー本人が権利を有しないユーザーコンテンツを、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変その他の態様で利用する行為。
      2. 自動化された手段(情報収集ボット、ロボット、スパイダー、スクレーパーなど)を使用して、本サービスにアカウント登録したり、アクセスしたりする行為。
      3. 当社又は正当な権利を有する権利者の著作権、登録商標等の知的所有権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
      4. 当社の通信設備、コンピューター、その他の機器及びソフトウェアに不正にアクセスし、又は、その利用若しくは運用に支障を与える行為又は与える恐れのある行為。
      5. 当社の明示的な書面承諾なくして、本サービス中のいかなる個別部分若しくは資料、当社及び本サービスの名前、いかなる当社の商標、ロゴ又はコンテンツ、いかなるページ若しくはページに含まれるフォームのレイアウト及びデザインを使用、表示、ミラー、フレーム又はフレーム技術を使用しエンクローズする行為。
      6. 商業目的などで不特定多数にコンテンツを閲覧させること又は不正な商用メッセージ(迷惑メールなど)を投稿する行為。
      7. 本サービスで、ピラミッド商法など、非合法なマルチ商法などを実施する行為。
      8. 本サービスで、特定の宗教団体や宗教活動へ勧誘する行為。
      9. ウイルス又はその他の悪質なコードをアップロードする行為。
      10. 他のユーザーのログイン情報を求め、他人のアカウントにアクセスする行為。
      11. 当社のソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の操作行為。
      12. 他のユーザーに対するいじめ、脅迫、嫌がらせに当たる行為。
      13. 差別的、脅迫的、又はわいせつ的な投稿や、暴力を誘発するような投稿、ヌード、露骨な、あるいは根拠のない暴力の描写が含まれる投稿をすること。
      14. アルコール関連、出会い目的、又はその他の成人向け投稿(広告を含む)をすること。
      15. 非合法な行為、誤解を招く行為、悪質な行為、差別的な行為。
      16. コンテンツ又はユーザーコンテンツを無断で転載・利用する行為
      17. 上記各号のほか、法令に違反する行為、本規約の違反を助長又は推奨する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、若しくは当社の財産を侵害する行為、当社に不利益を与える行為、その他当社が本サービスの利用目的から鑑みて不適切と判断する行為。

    第10条(個人情報の保護)

    1. 当社は、当社が取り扱う個人情報を、当社の定める個人情報保護方針(以下「当社個人情報保護方針」といいます。)に則り大切に取扱います。
    2. ユーザーは、当社個人情報保護方針を確認の上、これに記載されるユーザー情報の第三者提供につき同意するものとします。

    第11条(免責)

    1. 当社は、ユーザーに対し、本サービスの一切の動作保証を行わず、いかなる責任も負いません。
    2. 本サービスの提供する情報の完全性、真実性、正確性、合法性等に当社は一切の責任を負いません。
    3. 当社は、本サービス及びコンテンツ並びにユーザーコンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではありません。
    4. 本規約又は本サービスに起因する当社の合計損害賠償額は、ユーザーが過去1ヵ月間に当社に支払った金額を超えないものとします。ただし、当社の故意又は重大な過失によりユーザーが損害を被った場合はこの限りではありません。
    5. ユーザーは、Facebook等の外部サービス(以下「外部サービス」といいます)のサービス内容、運用の変更により、又は会員が外部サービスの全部若しくは一部を利用できなくなることにより、本サービスの全部又は一部の利用ができなくなる場合があることを予め了承するものとします。当社は外部サービスに関連して会員に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
    6. 当社は、天災地変その他不可抗力(回線の輻輳、回線の障害、サーバーダウン等を含みますが、これらに限られません。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(外部サービスとの連携)

    1. ユーザーは、外部サービスとの連携機能を利用してログインする際に、当社がデータにアクセスすることについての許可を求められることがあり、かかる内容を確認の上、許可した場合に限り、当該連携機能を利用することができるものとします。
    2. 外部サービスのユーザーIDの登録・利用を含むすべての外部サービスの利用については、ユーザーは、外部サービスの運営者が規定する各規約の定めに従うものとします。
    3. 外部サービスを利用する場合、ユーザーは、自己の責任において当該サービスを利用するものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害、当該サービスの運営者・利用者等との間に生じたトラブルその他の当該サービスに関連する一切の事項について何らの責任も負わないものとします。

    第13条(会員からの退会手続)

    1. 会員が退会を希望する場合は、当社所定の退会手続を行うものとします。
    2. 会員は、退会手続によっても自らの投稿したユーザーコンテンツが削除されない場合があることを予め承諾するものとします。
    3. 会員が退会手続を完了した場合、又は当社と会員との間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、第7条から第16条については、なお有効とします。
    4. 退会手続は会員マイページの「キャンセル」より会員の承諾を得て行うものとします。

    第14条(本規約の変更)

    1. 当社は、一定の猶予期間を設けて変更後の本規約の効力発生日を定め、かつ、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生日を事前に本サイト上への掲載、会員へのメールによる通知その他当社が適当と判断する方法で周知する方法により本規約の変更を行うことができるものとします。
    2. 当社は、変更後の本規約を本サイト上で公開します。ユーザーが本サービスを利用し又は前項に定める当社所定の期間が経過した場合には、ユーザーは変更後の利用規約に同意したものとみなします。

    第15条(準拠法)

    本規約は、日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されます。

    第16条(専属的合意管轄裁判所)

    本規約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    当サービスはサブスクリプションモデルとなっており
    ご登録のクレジットカードから毎月自動で支払いが行われます。

    プライバシーポリシー


  • #3ボールの光でアスリートが強化!?


  • アスリートはプロ・アマを問わず、自分のパフォーマンスを向上させることを望んでいます。身体能力の向上はもちろんのこと、視覚、反応時間、その他の能力に向けられた演習を行うことによって、大幅な上達を得ることも可能です。このうち、視覚に関しては、従来、視覚向上エクササイズなどが知られていて、これらはアスリートが様々なパターンを容易に記憶できるような、静的なスポーツ用デバイスを利用することが多いものでした。

    しかし、これらのデバイスはそれぞれを適切に用いなければならないところ、誤って利用されることも多かったという問題も持っていました。

    今回紹介する発明は、動的な発光(しるし、インディシア)が可能なスポーツ用デバイスです。例えばアメフト用のボールや、ホッケー、野球、サッカーといったスポーツで従来から用いられている用具に対して設けられます。例えば、外面から視覚的に認知できる出力で、特殊な光り方ができる発光デバイスをボールに組み込むことで、ボールの回転に応じて発光パターンを変化させるなどが可能です。

    このようなデバイスを用いて練習を行うことで、アスリートの視覚を強化することができるそうです。具体的にどのようなデバイスなのか、詳説していきます。

    本発明は、アメリカンフットボールのボールなどに適用されるスポーツ用デバイス(装置)に関します。

    アマチュアまたはプロのどちらであっても、アスリートは、自分が取り組んでいるスポーツまたは競技活動におけるパフォーマンスを向上させたいと考えています。

    アスリートは、身体能力を向上させることだけでなく、動的視力などの視覚能力を練習によって大幅に上達させることも目指しています。アスリートは、多くの場合、視覚能力向上のために「静的な」スポーツ用デバイスを利用します。「静的な」スポーツ用デバイスは、あらかじめ決めておいたさまざまな表示パターンを簡単に表示できるデバイスです。「静的な」スポーツ用デバイスの具体例としては、ボールの回転が速いか遅いかがわかるように、表面の一部をあらかじめ各種のパターン(模様、色など)で表示するように構成されたボールなどが相当します。しかし、「静的な」スポーツ用デバイスを利用して、さまざまなパターンで練習したとしても、自己流で利用される等の理由により、あまり希望通りの結果を得られません。


    このページの全ての特許解説を読むには
    フリー会員以上の会員登録が必要です。

    下記のプラン表をご確認の上
    利用規約にチェックを入れてご登録ください。

    「+Vision利用規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社白紙とロック(以下「当社」といいます)が提供する電子情報サービス「+Vision」及びこれに関連するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。

    本サービスは、+Vision配信サイト(以下「本サイト」といいます)を利用することで、情報配信会社(以下「情報サプライヤー」といいます)又は当社が提供するニュース、雑誌情報、動画等(以下、併せて「コンテンツ」といいます)を閲覧すること(以上、+Visionにおいて)、本サービスの会員(以下「会員」といいます)が、イベントへの参加申込み、イベントに関する議論、イベント動画の視聴、会員同士の連携などのサービスを受けることが可能です。

    本規約において、「ユーザー」とは、本サービスの利用者をいい、本サービスを利用した時点から、本規約及び個人情報保護方針に同意したものとみなします。

    第1条(適用の範囲)

    1. 本規約は、当社が運営する本サービス及びこれに付帯するサービスの利用に関する一切について適用されるものとします。
    2. 特定の会員に対してのみ適用されるサービス等については、当社が本サイト上で表示する各条件等が適用されるものとし、これらの表示を本規約の一部とみなして適用するものとします。

    第2条(必要環境)

    本サイトの利用又は本サービスを通じた第三者のサービス・コンテンツ・リソースの利用には、インターネットへの接続が必要になります。いずれも通信料金はユーザーの負担となります。

    第3条(本サービスの利用)

    1. 本サービスは、本規約のほか、適用される法令等を遵守している者に限り、利用することができるものとします。未成年の方は、保護者(法定代理人)から本サービスを利用する許可を得ていることを表明し、保証したものとみなします。
    2. ユーザーはアカウントを作成し、会員登録する事で、本サービスを会員として利用することができるようになります。本サービスの会員には無料の範囲内で利用する会員(以下「無料会員」といいます)と有料会員(以下「有料会員」といいます)が存在し、会員の種類によって閲覧可能なコンテンツ等、利用可能な機能が異なります(以下、無料会員と有料会員を併せて「会員」といいます)。
    3. 当社は、ユーザーが以下の各号に該当すると判断した場合、事前の通知・催告等を経ることなく、アカウントの利用制限や削除、また本サービスへのアクセスを恒久的又は一時的に停止したり、ユーザーコンテンツ(定義は後述)を削除したりすることができるものとします。
      1. 本規約に違反した場合。
      2. 死亡した場合又は後見開始、補佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合。
      3. 過去に本サービスの利用を停止され、又は会員登録を取り消されたことがある場合。
      4. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、又は資金提供その他の行為を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をしている場合。
      5. 上記各号の他、当社がアカウントの停止及びユーザーコンテンツの削除等が適切であると判断した場合。
    4. ユーザーは本サービスに会員登録するにあたり、以下の点を遵守するものとします。
      1. 虚偽の個人情報を提供したり、許可を得ることなく他人のアカウントを作成したりすることはできません。
      2. 個人用アカウントを複数作成することはできません。
      3. アカウントが当社によって停止された場合、当社の許可なく新たなアカウントを作成することはできません。
      4. アカウントの連絡先情報を、当社からのメールを必ず受け取ることができる状態に保つものとします。
      5. パスワードを共有したり、他人にアカウントへのアクセスを許可したり、その他、アカウントのセキュリティを脅かす恐れのある行為を行わないものとします。
      6. アカウントを他人に譲渡することはできません。
      7. アカウントのパスワードなどは、自己の責任において大切に保管し、機密を保持するものとします。ユーザーのアカウントが権限のない者により利用された形跡に気づいた場合、ただちに当社に通知するものとします。
    5. 当社は、会員のアカウントが当該会員以外の第三者によって利用された場合でも、当該会員による利用とみなすことができるものとします。
    6. 当社では、ユーザーの皆さまによりよい機能やサービスを提供することができるよう、日々革新を続けています。その目的を達成するために本サービスは、事前の通知等を経ることなく、変更され、機能追加され、本サービス又はその機能の提供が中止されることがあり、また本サービスの利用に新たな制約が課されることがあります。
    7. ユーザーは、本サービスより受け取る情報に広告が掲載される可能性やユーザーが登録した電子メールアドレスに当社及びユーザーがフォローした企業等からのお知らせや広告等が送信される可能性があることに同意した上で、本サービスを利用します。

    第4条(有料会員の利用料金支払方法)

    1. 有料会員は、本サービスにかかる当社の定める利用料金を、下記各号のうち、当社が指定する方法によって支払うものとします。
    2. 当社の定める利用料金は変更されることがあります。当社が利用料金を変更する場合、当社は本サービス上において予め、変更後の利用料金及び利用料金変更の適用開始時期を会員が知り得る状態に置くものとします。なお、個々の有料会員に対する利用料金変更の効力は、利用料金変更の適用開始時期以降にはじめて到来する、次条に基づく有料会員の利用期間の更新時に利用料金の変更の効力が発生するものとします。
    3. 有料会員は、価格変更の効力発生後も本サービスを引き続き利用した場合には変更後の価格に同意したとみなされるものとし、有料会員が価格変更に同意しない場合、価格変更の発効より前に次条に従い解約することによって、価格変更を拒否することができます。
      1. Apple Inc.及びiTunes株式会社の定めるiTunes Store又はApp Storeでの決済手段
      2. Googleの定めるGoogle Walletでの決済手段
      3. クレジットカードを利用しての決済手段
      4. その他当社の定める決済手段

    第5条(有料会員の利用期間及び登録更新)

    1. 有料会員の利用期間は、有料会員が選択した当社所定の期間とします。
    2. 有料会員の利用期間は、当該期間の満了までに有料会員登録が解約されない限り、当該満了時点において自動的に前項に定める期間と同一の期間で更新されます。
    3. 有料会員は、当社の定める方法により有料会員登録の解約の意思を示す方法により、有料会員登録を解約することができます。当社は、別途定めがない限り、有料会員及び第三者からの電子メール、電話、郵便、直接訪問等による解約手続きは一切行わないものとします。
    4. 前項に基づく有料会員登録の解約は、利用期間満了時(但し、利用期間が3年の場合は、利用期間開始日から1年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後1年が経過した時、同開始日から1年以上2年未満に解約の意思表示を行った場合、利用開始後2年が経過した時、同開始日から2年以上3年未満に解約の意思表示を行った場合、利用期間満了時)においてその効力が発生するものとします。この場合、有料会員は無料会員として登録されることになります。
    5. 前項に基づく解約の効力発生日が有料会員の利用期間の途中であった場合、当社は、当該会員に対し、当社所定の返金を行うものとします。

    第6条(本サービスの変更・停止・終了)

    当社は、ユーザーへ事前に通知することなく、本サイト及び本サービスを変更、停止、終了すること、ならびにコンテンツ等を削除することができます。

    第7条(ユーザーによる投稿等及びユーザーコンテンツの利用)

    1. 本サービスは、ユーザー自身がニュース、ブログ、雑誌、コメント等を投稿、表示、全世界にいる本サービスの他ユーザー及び第三者ソーシャルネットワーキングサービスへシェアする機会を提供しています。ユーザー自身が投稿、表示、シェアするすべてのニュース、ブログ、雑誌、コメント等、又はそれらに関連するものはすべて、本規約においては「ユーザーコンテンツ」といい、以下の条件に従うものとします。
    2. ユーザーコンテンツには多数の個人や組織が発信する情報、見解、意見、及び提言が含まれています。当社は、特定のユーザーの提言や意見についてそれを支持することはなく、また、ユーザーコンテンツの定期的な審査、編集は行いません。ユーザーは、ユーザーコンテンツを自らの判断と責任で閲覧、利用する事に同意します。
    3. ユーザーは、自身が本サービスに投稿したユーザーコンテンツにつき、第三者の権利を侵害せず、また法令等にも違反しないようにすることを保証します。これらの権利又は法令等には、知的財産権やプライバシー権を含みますが、これらに限定されません。
    4. 当社は、ユーザーの皆様に快適にご利用頂くため、ユーザーコンテンツが本規約に違反する場合や著しく経済・ビジネスと関連がない場合など、当社の判断によりユーザーコンテンツを削除することがあります。
    5. ユーザーコンテンツのうちコメントについては、本規約に違反しており、かつ権利侵害・誹謗中傷・いやがらせ等を受けた本人からの通報があった場合、原則として事前通告なく削除いたします。

    第8条(著作権等)

    1. 本サービスに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権はすべて、当社に帰属します。
    2. コンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及び財産権は、当社又は正当な権利を有する情報サプライヤーに帰属します。
    3. ユ-ザーコンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権は、すべてユーザーコンテンツを投稿したユーザー又は当該ユーザーコンテンツの著作権がユーザー以外の第三者に帰属する場合には当該著作権者に帰属します。
    4. ユーザーは、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して、ユーザーコンテンツの国内外における複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利(当社から第三者に対する再使用許諾権を含みます。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償で利用することを許諾したものとします。また、ユーザーは当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないものとします。

    第9条(禁止事項)

    ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を自ら又は第三者を通じて行わないものとします。

      1. 本サイト、コンテンツ若しくはユーザー本人が権利を有しないユーザーコンテンツを、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変その他の態様で利用する行為。
      2. 自動化された手段(情報収集ボット、ロボット、スパイダー、スクレーパーなど)を使用して、本サービスにアカウント登録したり、アクセスしたりする行為。
      3. 当社又は正当な権利を有する権利者の著作権、登録商標等の知的所有権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
      4. 当社の通信設備、コンピューター、その他の機器及びソフトウェアに不正にアクセスし、又は、その利用若しくは運用に支障を与える行為又は与える恐れのある行為。
      5. 当社の明示的な書面承諾なくして、本サービス中のいかなる個別部分若しくは資料、当社及び本サービスの名前、いかなる当社の商標、ロゴ又はコンテンツ、いかなるページ若しくはページに含まれるフォームのレイアウト及びデザインを使用、表示、ミラー、フレーム又はフレーム技術を使用しエンクローズする行為。
      6. 商業目的などで不特定多数にコンテンツを閲覧させること又は不正な商用メッセージ(迷惑メールなど)を投稿する行為。
      7. 本サービスで、ピラミッド商法など、非合法なマルチ商法などを実施する行為。
      8. 本サービスで、特定の宗教団体や宗教活動へ勧誘する行為。
      9. ウイルス又はその他の悪質なコードをアップロードする行為。
      10. 他のユーザーのログイン情報を求め、他人のアカウントにアクセスする行為。
      11. 当社のソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の操作行為。
      12. 他のユーザーに対するいじめ、脅迫、嫌がらせに当たる行為。
      13. 差別的、脅迫的、又はわいせつ的な投稿や、暴力を誘発するような投稿、ヌード、露骨な、あるいは根拠のない暴力の描写が含まれる投稿をすること。
      14. アルコール関連、出会い目的、又はその他の成人向け投稿(広告を含む)をすること。
      15. 非合法な行為、誤解を招く行為、悪質な行為、差別的な行為。
      16. コンテンツ又はユーザーコンテンツを無断で転載・利用する行為
      17. 上記各号のほか、法令に違反する行為、本規約の違反を助長又は推奨する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、若しくは当社の財産を侵害する行為、当社に不利益を与える行為、その他当社が本サービスの利用目的から鑑みて不適切と判断する行為。

    第10条(個人情報の保護)

    1. 当社は、当社が取り扱う個人情報を、当社の定める個人情報保護方針(以下「当社個人情報保護方針」といいます。)に則り大切に取扱います。
    2. ユーザーは、当社個人情報保護方針を確認の上、これに記載されるユーザー情報の第三者提供につき同意するものとします。

    第11条(免責)

    1. 当社は、ユーザーに対し、本サービスの一切の動作保証を行わず、いかなる責任も負いません。
    2. 本サービスの提供する情報の完全性、真実性、正確性、合法性等に当社は一切の責任を負いません。
    3. 当社は、本サービス及びコンテンツ並びにユーザーコンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではありません。
    4. 本規約又は本サービスに起因する当社の合計損害賠償額は、ユーザーが過去1ヵ月間に当社に支払った金額を超えないものとします。ただし、当社の故意又は重大な過失によりユーザーが損害を被った場合はこの限りではありません。
    5. ユーザーは、Facebook等の外部サービス(以下「外部サービス」といいます)のサービス内容、運用の変更により、又は会員が外部サービスの全部若しくは一部を利用できなくなることにより、本サービスの全部又は一部の利用ができなくなる場合があることを予め了承するものとします。当社は外部サービスに関連して会員に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
    6. 当社は、天災地変その他不可抗力(回線の輻輳、回線の障害、サーバーダウン等を含みますが、これらに限られません。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(外部サービスとの連携)

    1. ユーザーは、外部サービスとの連携機能を利用してログインする際に、当社がデータにアクセスすることについての許可を求められることがあり、かかる内容を確認の上、許可した場合に限り、当該連携機能を利用することができるものとします。
    2. 外部サービスのユーザーIDの登録・利用を含むすべての外部サービスの利用については、ユーザーは、外部サービスの運営者が規定する各規約の定めに従うものとします。
    3. 外部サービスを利用する場合、ユーザーは、自己の責任において当該サービスを利用するものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害、当該サービスの運営者・利用者等との間に生じたトラブルその他の当該サービスに関連する一切の事項について何らの責任も負わないものとします。

    第13条(会員からの退会手続)

    1. 会員が退会を希望する場合は、当社所定の退会手続を行うものとします。
    2. 会員は、退会手続によっても自らの投稿したユーザーコンテンツが削除されない場合があることを予め承諾するものとします。
    3. 会員が退会手続を完了した場合、又は当社と会員との間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、第7条から第16条については、なお有効とします。
    4. 退会手続は会員マイページの「キャンセル」より会員の承諾を得て行うものとします。

    第14条(本規約の変更)

    1. 当社は、一定の猶予期間を設けて変更後の本規約の効力発生日を定め、かつ、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生日を事前に本サイト上への掲載、会員へのメールによる通知その他当社が適当と判断する方法で周知する方法により本規約の変更を行うことができるものとします。
    2. 当社は、変更後の本規約を本サイト上で公開します。ユーザーが本サービスを利用し又は前項に定める当社所定の期間が経過した場合には、ユーザーは変更後の利用規約に同意したものとみなします。

    第15条(準拠法)

    本規約は、日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されます。

    第16条(専属的合意管轄裁判所)

    本規約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    当サービスはサブスクリプションモデルとなっており
    ご登録のクレジットカードから毎月自動で支払いが行われます。

    プライバシーポリシー


  • #4CONCLUSION

  • スポーツの世界では、人と人が汗をかいて、正々堂々とぶつかり合う。

    そんなイメージが強くテクノロジーの関与については賛否両論あり、「人間の不確実性や失敗も、それも込で楽しむのがスポーツだ!」そんな風に思っている方もいるかと思います。

    一方で、メジャーリーグではAI審判導入が始まるのではと言われており、大きな方向性としては今後テクノロジーの関与が進んでいきそうですね。

    今までプレーヤー側としては、トレーニングや戦略・分析など様々なところですでにテクノロジーは導入されていましたが、今後は見る側にとって分かりやすいテクノロジーが増えてくると想像できます。

    個人的にはより選手のパフォーマンスを向上させたり、ファンがよりエキサイティングするような、新しいスタイルでの観戦方法など、スポーツやエンターテインメントの分野は、非常にテクノロジーとの相性がいいと思ってます。

    1種目のために発明された技術でも、他の種目に応用しやすいと思いますので、そういった観点でチャンスを探ってみても面白いと思いますし、今まであまり人気がなかったスポーツが、テクノロジーによってメジャーになる。 そんな可能性も秘める要チェックな分野だと思います。



特許を誰にでも分かりやすく解説
ビジネスに必要なヒントが満載

無料登録で
マガジン購読